ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

夕暮れと楽器

f:id:bu_kirin:20161018191550j:plain

毎年、秋から冬にかけて、夕空を見るのが生活の一部になります。

 
窓から夕日がよく見えるようになるからです。

夕空を見ていると中学時代の放課後を思い出します。


私は丘の上にある中学校の吹奏楽部に所属していました。
放課後、人が少なくなった校舎から校庭を見下ろし、
空に向かって楽器を吹くのが日課でした。

運動部は熱心に体を動かし、盛んに声を出します。
陸上部の女子は練習後に、陸上部の男子に告白をしている様子。
すごいな、と思いながら空に向かってプーーーーとロングトーン。


日はさらに落ち、夕空に金星が見えます。
あまりに大きく明るく光る金星に、あれはUFOじゃないかと言い出す友人。
それにしては全然動かないね、と言いながらメトロノームの速さを変える私。

夕空を写真におさめようと、先生に見つからないようにカメラを持ち込みました。
何度かチャレンジしたけれど、目で見た色をフィルムに写すことはできません。

 

 

f:id:bu_kirin:20161018193546j:plain

 

毎日変わるグラデーションの夕空を見ながら、来年の今頃、10年後の今頃、
私はどこで何をしているのだろうかとよく考えました。
思春期の期待と不安の入り混じった感情を、夕空を見ると思い出します。

あれから時がたち、様々な経験をすることができました。
あの頃期待していたような人生にはなっていないけれど、こうやって夕空を見られる幸せな生活を送っています。