読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

Tシャツを使いきるリメイク

f:id:bu_kirin:20161103205736j:plain

着れなくなったTシャツでも、最後まで使いきります。

・他のものに作りかえる(リメイク)
・ウエスにする
・Tシャツを合体して変身させる

私は上記3つで使いきっています。
リメイクでよく作るのは夫のブーさんの自宅用帽子。
頭皮がデリケートなので、気温が下がると頭が痛くなります。
その上、敏感肌のため綿100%の帽子でないとかゆくなります。

着古したTシャツで作るのにピッタリ。

 

まずは、インターネットで見つけたワッチキャップの型紙にあわせて切ります。

簡単ワッチキャップ♪(帽子)の作り方|帽子|ファッション小物|ハンドメイドカテゴリ|ハンドメイド、手作り作品の作り方ならアトリエ

ブーさんの好みにあわせて、元の型紙よりも10cmくらい短くしました。
あとはチクチク縫うだけ。
ミシンがないので、いつも手縫いです。

Tシャツの生地は切りっぱなしでもほつれにくいので、端の処理はしていません。
なみ縫いで2,3目ごとに本返しをしています。

 

f:id:bu_kirin:20161013140711j:plain

できあがり
余った部分は使いやすい大きさに切って、大小8枚のウエスになりました。

 

次はTシャツの合体・変身

若いときに買ったTシャツは、丈が短かったり、胸元が開いていたりしてオバサンは着づらい。
でも、デザインが気に入っているから着たい・・・そんな葛藤から始めました。

 

用意したのは、

気に入っているけれど着られなくなったTシャツ2枚
好みに合わなくなったTシャツ1枚

 

f:id:bu_kirin:20161013142124p:plain

気に入っているけれど着られない理由は、
・丈が短い
・胸元が開いている

上図中央の1枚はプリントが好みではなくなったので、切って材料として使います。

すそを切って合体させ、丈を伸ばす。
えりもとを切って合体させ、胸元を閉じる。 

できあがり

f:id:bu_kirin:20161013142924j:plain


紺の色味が微妙に違いますが、それは気にしない。
グレーのTシャツの胸元だけ紺だけど、着古し具合が同じなのでオシャレということにしておきます。

これも手縫いです。
手縫いの縫い目が表に出ないようなところを縫っています。
自己流です。
オバサンの服の内側なんて、誰も見ないのでこれで良いのです。

 

「きりんってすごいねー。天才!」

ブーさんがほめてくれたし、着られる服が増えて大満足。
これでまた、お気に入りのTシャツと一緒に過ごすことができます。