ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

ブーさん自作 オレの露天風呂!

夫のブーさん自作露天風呂

「オレが昔作った1階の風呂は簡易的なものではなかった!」と苦情がきました。 

夫のブーさんが作った露天風呂を公開します。


以前、私が書いたこの記事


「1階にあったお風呂は、敷地のすみに囲いを作ってバスタブを置いた簡易的なもの」

私がこのように書いたのを読んだブーさん。

ブーブーと鼻息荒く「オレが作った露天風呂を見せてやる!」

画像を送ってきました。


今はもうなくなってしまった「倉庫のすみに露天風呂ができるまで」を公開します。

(画像は昔の携帯電話で撮影したものなので小さめです)

 

オレの露天風呂ができるまで  

1、寝湯の枠を作る 

寝湯の枠を作る
ブーさんは湯船だけでなく寝湯も作ったそうです。

さすが露天風呂大好きブーさん。

 

2、青竹で囲いを作る 

簡単竹垣(青竹)

ネット通販で買った青竹

半分に割って針金で組んだ状態のものが売っていたそうです。

バスタブはヤフオクで展示品だったものを買いました。

足を伸ばして入りたかったので、大きめの1616サイズ。

バスタブの横にある青いパレットは、洗い場の土台に使いました。


▼こちらのように本物の竹の竹垣をブーさんは買いました。

 

▼人工竹垣だとあまり色あせしないかも…と言っています。 

 

3、寝湯の枠の中にコンクリートを流し、バスタブをフローリング材で囲う。  

寝湯の枠の中にコンクリートを流し、バスタブをフローリング材で囲う。

ブーさん、本格的… 

 

4、洗い場を作る 

洗い場を作る

上記の2で置いてあった青いパレットを敷きつめ、上にウッドパネルを置きました。

奥の寝湯はコンクリートが固まる前に御影石を配置したそうです。


▼ウッドパネルは使いやすくてとても便利とか。 

 

▼ブーさんは表面がツルツルの御影石を使ったため、何度も滑ったそうです。危ない!

 

▼浴室の床には、滑りにくい「バーナー仕上げ」が一般的みたいです。

 

5、入り口側の壁にフローリング材、バスタブの横に青竹を貼る。

すごいよ

すごいよブーさん!

 

完成 

自作露天風呂の完成

 

私は倉庫の2階に住み始める前に、1度だけ露天風呂を見ました。

すでに経年変化後でしたので、こんなに立派なものだったとは知りませんでした。


ブーさんは今回、画像を改めて見て「やっぱいいよな~」と自画自賛。

確かに、倉庫のすみにあるとは思えない風情のある露天風呂です。

「移住したらまた露天風呂を作りたい!」とブーさんは言っています。

私からの回答は保留です。