ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

投資未経験の私たちが投資信託・インデックス投資を始めるまで 

f:id:bu_kirin:20161102190239j:plain

結婚するまでは普通預金しか使ったことがなかった私。

2014年7月からインデックス投資を始めました。

 

初めての定期預金

結婚して数ヵ月後、夫のブーさんがネット銀行の定期預金に預けようと言いました。

普通預金しか経験していなかった私は、無事に満期をむかえられるのか不安。

それに、ネット銀行に口座を開設するのも初めて。

もう不安だらけ。

まずは3ヶ月、それから6ヶ月と少しずつ期間の長いものに預けるようになりました。

初めての社債投資

次にブーさんが言い出したのは社債投資。

人気のあるSBI債(SBIホールディング社債)の抽選に応募してみようか、と。

定期預金よりも利率が高いけれどリスクがある。

しかし、言及しているブログを読むと、そんなに悪いものではなさそうに感じました。

どうせ当たらないと購入できないのだからと、2人でSBI証券に口座を開設し応募。

結果はブーさんが当選。

償還(満期)までの1年はなんとなくドキドキ。

証券会社に口座を持ったのも初めてで、

大人の階段を一段も二段も上った感じがしました。


社債投資はその後もSBI債しか応募していません。

最近は利率が下がっているので応募しないときもあります。

 

個人型確定拠出年金と投資信託

社債投資と同時期にブーさんが言い出したのは個人型確定拠出年金。

DCや日本版401kと言われています。

(2016年9月、個人型確定拠出年金の愛称が「iDeCo」に決まりました。)

確定拠出年金とは

企業年金の1つ。

企業や個人が一定の掛け金を負担し、退職後に年金として受け取る。

確定拠出とは掛け金が確定しているという意味。

確定拠出年金は、加入者自身が自己責任で運用方法を選び、その実績次第で年金の額が決まる。
引用元:知恵蔵2015

 

ここまで来ると意味がわからず、

インターネットで調べるだけでは済まなくなりました。

ブーさんが読みたい本があると言うので買ってみたのは

f:id:bu_kirin:20161030084202j:plain
竹川美奈子さんの「年利15%でふやす資産運用術」

個人型確定拠出年金についてやさしく丁寧に書かれています。


怪しそうな書名ですがとてもわかりやすく、

投資=危険としか思っていなかった私でも理解できました。

そして投資信託とインデックス投資に大変興味を持ちました。

図書館で投資信託とインデックス投資に関する本を借りて読み、

インデックス投資ブログを読み・・・

理解力のない頭をフル回転させ知識をつめ込みました。

インデックス投資とは、日経平均やTOPIX、S&P500、ダウ平均のような株価指数(インデックス)と同じ値動きを目指す投資方法のことです。

例えば、日経平均が5%上昇したら、自分の資産も同じく5%上昇するような投資方法です。

具体的に投資する際には、インデックスと同じ値動きをするよう設計された投資商品(投資信託・ETF)を購入することになります。

これらの投資商品には「インデックス投信」および「ETF」があり、総称して「インデックス・ファンド」と呼ばれています。
引用元:わたしのインデックス

とりあえず、ブーさんは低コストなSBI証券で個人型確定拠出年金。

私はセゾン投信のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを

定期積立することにしました。

私たちの投資信託・インデックス投資の始まりです。


※竹川美奈子さんが10月に「個人型確定拠出年金iDeCo活用入門」を出版されました。