ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

引っ越しても手放さなかった物たち

f:id:bu_kirin:20161110111103j:plain

倉庫の2階は、私にとって9つめの自宅です。


私は今まで引っ越しを8回経験しています。
引っ越しをする度、色々なものを手放しました。
その中で、どうしても手放せず、
長い時間を共に過ごしているものがいくつかあります。


1つめは私の相棒、ちゃぶ台。
これは少し前にも書きました。  


伯母が幼い頃、福引で当てたもの。
私は生まれた時からずっと一緒にいます。
ちゃぶ台にとってここは、いくつめの家なのでしょうか。
ずっと私を見守ってくれている人生の先輩です。


 
キキとララのカップ&ソーサー。

f:id:bu_kirin:20161110111134j:plain


これは幼い頃、母にデパートで買ってもらったもの。

当時の私にはとても高価なものに思えました。
普段は使わず、誕生日やクリスマスなど特別な時に、
戸棚の奥から出していたのを覚えています。

今でもこれを見るとデパートのキラキラした雰囲気や、
買ってもらった時の嬉しさを思い出します。

私のアイドル的存在。



18才の時、駅近くの雑貨屋さんで買ったコップ。

f:id:bu_kirin:20161110111253j:plain


デザインが気に入って、お店に何度も見に行きました。
当時の私は「大人」や「オシャレ」「都会」などを
このコップに感じていたのだと思います。

今ではこのコップから感じるのは「若さ」。
私の青春の象徴。



最後に椅子。

f:id:bu_kirin:20161110111338j:plain


20代の時、ゴミ置き場に捨ててあるのを見て一目惚れしました。
ゴミ置き場から持って来るのは正直恥ずかしかったです。
でも、それ以上に離れがたかった。

今はベッドの横に置いて、毎日使っています。
私の生活の一部。


20代までは時代を経たもの、アンティークや遺跡、化石などが大好きでした。

幼い頃、化石や石器を探しに父と出掛けていたのを憶えています。
物が過ごしてきた時間や、どのように使われていたのかなどを想像する事に、
楽しさを感じていたのだと思います。

そして、独特な手触りが好きでした。


いまは以前ほど古い物に熱中しませんが、
共に長い時間を過ごした物は、これからも丁寧に向き合っていきたいと思います。