ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

浄化槽も自分で設置 浄化槽ってなに?

f:id:bu_kirin:20161108175422j:plain

私が倉庫に住み始めるずっと前、夫のブーさんは家族と浄化槽を設置しました。

「浄化槽も自己設置だからブログに書いたら?」とブーさん。

「役所の人が見にきて、許可のシールを貼ってくれたから大丈夫!」

しかし、浄化槽自体どんなものなのか私はよくわかりません。 

 

自己設置して良いものなの?

敷地内浸透式って井戸があるのに大丈夫?

 

そんな疑問を解決するべく調べてみました。

ブーさんの自己設置は最後に書きます。

今回の記事は長くなってしまいました。

 

浄化槽とは?

汚れた水を微生物の働きによって汚れを分解し、きれいな水に変えてから川などへ放流するための装置が浄化槽です。
引用元:埼玉日化サービス株式会社

なるほど。

浄化槽を通すと汚水がきれいになるということは知っていたのですが、

微生物が働いてくれていたのですね。

ありがとう微生物。

浄化槽とは? | 浄化槽についてのいろいろなこと | 埼玉日化サービス株式会社

 

浄化槽の種類について

浄化槽は大きく分けて単独浄化槽と合併浄化槽に分かれています。

単独浄化槽(みなし浄化槽):し尿処理だけに対応している浄化槽。

浄化槽法により、平成13年4月1日から製造・販売が禁止され、

単独浄化槽は設置することが不可能。

合併浄化槽:家庭から出る「生活排水」のすべてを浄化できるもので、

現在は合併浄化槽のみが新設の浄化槽として認められている。


我が家は合併浄化槽。


浄化槽の種類(一般社団法人 和歌山県清掃連合会 和歌山環境整備事業協同組合より)

 

浄化槽の大きさ

家庭用で使用されている浄化槽の大きさは、各メーカー共に、5人槽・7人槽・10人槽の3種類が一般的です。

設置される浄化槽の大きさは、建築基準法の処理対象人員算定基準に基づいて、家の延べ床面積によって決まります。
引用元:埼玉日化サービス株式会社

我が家は7人槽です。

延べ床面積が130㎡以上あると、5人槽ではなく7人槽を設置する必要があります。


浄化槽の大きさ | 浄化槽についてのいろいろなこと | 埼玉日化サービス株式会社

 

合併浄化槽の仕組み

最も一般的な嫌気ろ床接触ばっ気方式について説明します。

f:id:bu_kirin:20161110182223j:plain

 (手書きの図なので見づらいです。ごめんなさい。)

汚水は浄化槽の中で4つの段階を踏み浄化されます。


1、嫌気ろ床槽:汚水中の浮遊物(固形物)を「ろ材」がとり除くほか、

酸素を必要としない「嫌気性微生物」が汚水中の有機物を分解し、浄化します。

第1室から第2室に汚水が移って、さらに同様の手順で浄化されます。


2、接触ばっ気槽:ブロアから送り込まれる空気が十分ある状態で、

接触材に付着する「好気性微生物」が汚水中の有機物をさらに浄化しています。


3、沈殿槽:浄化した処理水に含まれる固形物を沈殿させ、

きれいな上澄み水を消毒槽へ送ります。


4、消毒槽:塩素消毒をして、衛生的に安全な水として放流します。


4つに分かれていることにも、微生物が2種類いることにも驚きです。
私が想像していたより、浄化槽は複雑で面白い。  


参照元

浄化槽システム協会(JSA) : 浄化槽とは - しくみ - 浄化槽のしくみ - 浄化槽のしくみ

合併処理浄化槽の仕組み

 

浄化槽放流水の敷地内処理について

きれいにした水を川などに放流しているところもありますが、

我が家は敷地内浸透式を採用しているそうです。

敷地内浸透式の浄化槽と井戸との関係について調べたところ、

栃木県那須塩原市のサイトに基準が書いてありました。

処理装置と他の施設等の外周間の距離は次のとおりとすること。

  • 隣地境界まで1メートル以上
  • 建築物まで1メートル以上
  • 井戸その他の水源まで水平距離30メートル以上

引用元:那須塩原市

浄化槽と井戸が30メートル以上離れていれば大丈夫らしいです。

きっちり測ったわけではないですが、

30メートルは軽く離れているので我が家は大丈夫。

井戸水は水質検査をし、基準をすべてクリアしています。

浄化槽放流水の敷地内処理について |那須塩原市

 

設置について

浄化槽法に目を通しましたが、自己設置でも罰則はないようでした。

施工については専門の知識を持った者(浄化槽設備士)が施工することが定められているが法的罰則はなく努力目標である。
引用元:Wikipedia

 努力目標だそうです。良かった。

それで、ブーさんの自己設置は?

「突然、家族が浄化槽をトラックに載せてきたんだよねー」とブーさん。

「そのあと、レンタルしたショベルカーをトラックで持ってきた」

さすが、なんでもやってしまうブーさん一家。

自己設置は2日間で終わったそうです。

・一日目:穴を掘る、浄化槽を穴の中に置く 

ブーさんも家族もショベルカーの操作は初めて。

色々動かしているうちに操作方法がわかったようです。

「マニュアル車の運転をしたことがあるならできるよ」と言っています。

半日ほどかかって浄化槽を埋める穴を掘り、

ショベルカーで浄化槽を吊って穴に入れました。

この時点で辺りが暗くなったので、穴にブルーシートをかけて一日目の作業は終了。

 

・2日目:やり直し

穴の中でプカプカ浮いている浄化槽。

夜中雨が降り、穴の半分が泥水で埋まっていました。

浮いている浄化槽をショベルカーで出すのが大変。

穴の中の泥水をショベルカーでかき出すのが、これまた大変。

一番苦労したらしいです。

「穴に入れた時点で、浄化槽に水を入れておけば良かったなー」とブーさん。


テレビで浄化槽の設置作業を見たら、穴の中に基礎を打ち金具で固定していました。

専門業者さんはすごい!

この経験をふまえてブーさんは・・・

「オレが山の中とかで小屋暮らしするなら、

自分で井戸を掘って、浄化槽も自己設置するな。

思っていたより簡単に自己設置できたし、そのほうが生活しやすいと思う。」


小屋暮らしブログを時々読んでいるブーさん。

みなさんのトイレ事情に興味をもっているようです。

これから小屋暮らしなどをされる予定のある方、

浄化槽の自己設置も選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

(法律や条例などに気をつけて!)

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ