ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

終わりの地で思うこと

f:id:bu_kirin:20161028130318j:plain

倉庫の前に立っている電柱は、私たちのために存在しているようです。


運ばれてきた電気を私たちに与えてくれますが、その先に電気を送る相手がいません。
そのため、電線が付いているのは片側だけ。
このような状態の電柱はたくさんあると思うのですが、私はここに住んで初めて見た気がします。

私たちの電柱。

電線の終わり。

 

f:id:bu_kirin:20161113192845j:plain


倉庫の2階は、毎日静かに時が過ぎていきます。
私はこの空間に守られて生きています。

誰かと比べることもなく、誰かに比べられることもなく

穏やかに過ごせる毎日に感謝して