読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

温泉はやっぱりいいな 男鹿の湯 2016冬

f:id:bu_kirin:20161219140029j:plain

私たちのお気に入り、栃木県の中三依温泉男鹿の湯。

前回行ったのは9月。 

 
12月1日から冬季休業してしまい、次に行けるのは春だな・・・と残念に思っていました。
あきらめきれず公式サイトを見たら、スポット営業という素敵なお知らせが。
最近バタバタしていて温泉不足の私たち、強引に時間を作って楽しんできました。

 

f:id:bu_kirin:20161219140714j:plain
かわいい雪だるまが私たちを出迎えてくれました。
こげ茶地に白で書かれた手書きの看板は、経営者である水品さんの手作り。
ご本人と同じく可愛らしくて大好きです。

この日、女湯は貸切り状態でした。

 

f:id:bu_kirin:20161219140851j:plain
脱衣所は清潔で使いやすく、温かい心遣いを感じます。
ベンチ・足ふきマット(流行りの珪藻土も)・柔らかいフロアマットなど、至れり尽くせり。

 

f:id:bu_kirin:20161219141439j:plain
コインロッカーがあるのは、とてもうれしいです。(返金式ではありません)
脱衣所に置いた荷物を気にせずゆっくり温泉を堪能できます。
私が行った日は外気温が低かったので、温風ヒーターで脱衣所が暖められていました。

f:id:bu_kirin:20161219141903j:plain
洗面台には大きな鏡が2つ、ドライヤーも2つ。
洗面台のお水は美味しく飲めます。

では、念願の温泉へ。

f:id:bu_kirin:20161219143119j:plain


あぁ、やっぱり来て良かった。

頂に雪をのせた冬山を見ながら入る、トロンとしたやさしい温泉。
身も心もほぐれていきます。

湯温はぬるめ適温。
のんびりゆっくり温泉を堪能できます。

温泉ソムリエでもある水品さんによりますと

f:id:bu_kirin:20161219162951j:plain


泉質にあまりこだわりのない私ですが、ここの泉質は大好きです。
入っているとモチモチしっとり肌になります。
肌がよみがえる・・・そんな感じ。
うれしくて何度も自分の肌を触って確かめてしまいます。

ちなみに、お風呂のアメニティは

f:id:bu_kirin:20161219145614j:plain

リンスインシャンプーとボディシャンプー。
手書きの札がわかりやすく、かわいい。

さすがだな、と思ったのはお風呂の椅子。

f:id:bu_kirin:20161219145950j:plain

この画像ではわかりにくいのですが、椅子が大小と2種類ありました。
私の年老いた両親は、お風呂の椅子が小さいと立ち上がるのが大変らしく、大きいものに買いかえました。
体格や年齢によって使いやすい大きさが違うので、これはうれしい心遣い。

ベビーバスも用意されています。
以前は違う洗面器だったような記憶がありますが、新しいものも使いやすかったです。

 

お風呂あがりは無料のマッサージチェア(2台)。

f:id:bu_kirin:20161219152337j:plain

間接照明のある静かな空間でリラックス。
あたたかなひざ掛けが用意されていて、ゆっくり体をほぐせました。


これで男鹿の湯は3回目。
今まで2回とも1時間しか時間がなく、温泉から出るとすぐ移動でした。
今回は2時間。
温泉以外も楽しんできたので、それは次に書くとします。

年内の営業は12月25日クリスマスまで。
営業再開は来年3月18日。

自然豊かな環境でありながら駅が近く(徒歩4分)、旅行やデートにおすすめです。
街中のイルミネーションよりも美しい景色を温泉と一緒に楽しめますよ。
車はスタッドレスタイヤなどをお忘れなく。

(ここに書かれている情報は2016年12月現在のものです。詳しくは公式サイトをご覧下さい)

www.nakamiyori.com