読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

いろいろ楽しめる男鹿の湯 本と食事と男鹿川

f:id:bu_kirin:20161219191823j:plain

男鹿の湯は温泉以外も楽しめます。

前回は温泉の紹介で終わってしまったので、そのつづきです。

【公式】 - 日光 中三依温泉 男鹿の湯 リニューアルOPEN!

 

まずは、ずっと気になっていたライブラリ。

f:id:bu_kirin:20161219192358j:plain

本だけでなくギターもあり、画像右に写っているマッサージ器まで。

本は、絵本・漫画・専門書・ビジネス書などいろいろ。
温泉ソムリエのテキストも置いてありました。
(上の画像以外にも本棚あり)

私は温泉宿で本を読むのが好きなのでとてもうれしいです。
静かな男鹿の湯は読書に最適。

マッサージ器は夫のブーさんがとても気に入って「気持ち良くて白目むきそう・・・」と。

 

f:id:bu_kirin:20161219195734j:plain

どなたが描いたのか、山のスケッチが置いてありました。
「現代の湯治宿」という雰囲気。
友達の家に遊びに来た感覚にも似ています。


おじか食堂のコタツでお昼をいただきました。

f:id:bu_kirin:20161219201652j:plain

生パスタ+スープ+つけもの+デザート 税込み1,000円

おいしかった。
ブーさんは「モチモチ具合がちょうどいい!」とあっという間にぺロリ。
つけものが付いてくるとは思いませんでしたが、美味しかったし心がホッコリ。
素朴さがここの魅力の1つです。

デザートのヨーグルトには、ゆずジャムが添えてありました。
ヨーグルトは毎日食べていますが、ゆずジャムと一緒に食べたのは初めて。
とても美味しかったので我が家で取り入れたいと思います。

 

お腹がいっぱいになったので、もう1つ気になっている場所「男鹿川」へ。

f:id:bu_kirin:20161219204806j:plain

建物のわきを下りて行くと、きれいな川が見えてきました。

 

f:id:bu_kirin:20161219205207j:plain

f:id:bu_kirin:20161219205435j:plain

澄みわたる川の流れと静かな空気。
私の画像では伝えきれません。

 

f:id:bu_kirin:20161219205919j:plain

きれいな川の近くに移住したくなりました。
夏は川遊びが楽しめるな・・・


日帰りではなく宿泊して、ここでのんびり過ごしたい。
宿泊棟のケビンも気になっています。

f:id:bu_kirin:20161220122803j:plain

2階建てのケビンを1棟12,340円~貸切りできます。
4人用7棟・8人用1棟。
1週間ぐらい滞在して自然の中で温泉とともに過ごしたい。

楽器の練習を目的に宿泊された方がいるとか。
ここならお子さんが大きな声を出しても大丈夫ですね。

 

 「次は電車で来てみよう」
ブーさんから素敵な提案。

f:id:bu_kirin:20161220124549j:plain

最寄りの中三依温泉駅は、男鹿の湯から徒歩4分。
静かな無人駅に下車するのが今から楽しみです。