ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

死にやさしく寄り添う時 絵本「かないくん」

f:id:bu_kirin:20161220194717j:plain

あたたかな静けさの中、私は1冊の絵本を夢中で読みました。

中三依温泉 男鹿の湯のライブラリに置いてあった絵本。

少し前からとても気になっている1冊でした。

 

あるブログで紹介されていた「かないくん」

谷川俊太郎さんと松本大洋さんという組み合わせに驚き、そして強く惹かれました。

 

谷川俊太郎さんが文を書き、
できあがった話をもとに、
松本大洋さんが2年の歳月をかけて描いた、
『死』をテーマにした絵本です。

http://www.1101.com/books/kanaikun/より引用

 

松本さんのあたたかな線と見事な構図。

行ったり来たり何度もページをめくり、

谷川さんの言葉と松本さんの絵の世界に入り込みました。

 


しんしんと雪が降る日の静けさ。

手のひらに落ちた雪が体温でとけていくのを、

じっと見ていた子供の頃を思い出しました。

「死」はいつもすぐそばにあるもの。

「死」は終わりと始まり。


静かでやさしい絵本の余韻が、まだ頭の中に響いています。