読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

幸せに一日を終えるために

f:id:bu_kirin:20161214133335j:plain

気持ちよく眠るために、数年前から習慣にしていることがあります。

 

それは眠る前、夫のブーさんに感謝の気持ちを伝えること。

私たち夫婦は倉庫の2階に住み、1階で働いています。
ほとんど24時間、同じ空間。

仲の良い夫婦だと自負していますが、意見が食い違うことや機嫌の悪い時はあります。
2人の間に不穏な空気が流れている時でも、眠る前に感謝の言葉を言います。


「今日もブーさんのおかげで楽しかったよ。ありがとう。」

「ブーさんのおかげで今日も幸せに過ごせたよ。ありがとう。」

「やっぱりブーさんは世界一の旦那さんだね。」

「ありがとう、おやすみなさい。」

 

いくらイライラしている時でも「幸せだよ、ありがとう」と言葉にすると、私は幸せなのだと思えます。
私が単純なだけかもしれませんが。

もしかしたら病気でこのまま死んでしまうかもしれない、夜中大きな地震が起きて今の日常が崩れてしまうかもしれない。
事故・病気・災害で命を落としかけた私。
いつもと同じベッドで眠れるのは当たり前のことではないと考えています。


出来ることなら最後に交わす言葉は幸せな言葉でありたい。
なるべく幸せな気持ちで眠りにつきたい。
そんな思いからこの習慣を始めました。


時々思い出す、10代の頃に教わった言葉。

「朝は希望に起き、昼は努力に生き、夜は感謝に眠る」

約四半世紀の時間が過ぎて、この言葉を理解できたような気がします。