ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

温泉で飲みたくなるものから知った入浴法

f:id:bu_kirin:20170106095800j:plain

温泉旅行中、なぜかオレンジジュースが飲みたくなります。

夫のブーさんとの共通の趣味は温泉旅行。
年に4~6回は露天風呂にゆっくり入る事を目的として温泉宿に泊まります。


温泉宿へ行く前に日帰り温泉などで立ち寄り湯。
宿に着いたらすぐに浴衣に着替え、露天風呂に直行。
チェックインからチェックアウトまで4~5回ゆっくり湯船につかります。


夕食後の入浴を終えた頃、いつもオレンジジュースが飲みたくなります。
のどが渇いたせいかな?体が糖分を欲しているのかな?とその都度適当に理由を考えていました。

昨年久しぶりに大人数で旅行した時の帰り、同行した方からみかんをいただきました。
普段は移動中に間食をしない私ですが、みかんを目にした途端食べずにはいられなくなり続けて2つを口の中へ。

その時やっとわかりました。
温泉で湯疲れした体はビタミンCを欲していたのだと。

 

f:id:bu_kirin:20170106103220j:plain


それからは、温泉旅行へ行く前にビタミンCが入っている飲み物を買っていくようになりました。
オレンジジュースが買えない宿に泊まってもこれで安心。

入浴の仕方も見直しました。

湯船に肩まで入り、ある程度体が温まったら半身浴に切り替えます。
半身浴をしない夫のブーさんは「そんなんじゃ寒くて風邪ひくよ」と言いますが、長時間入浴することで体の芯からポカポカ。

寒い時期は上半身にバスタオルかフェイスタオルを羽織ります。
ただしバスタオルを使うのは貸切露天の時だけにして、湯船にタオルが入らないように注意します。
上がる前にもう一度肩まで湯船に入り、仕上げの入浴。

温熱効果と水圧の影響が程よくなったせいか、半身浴をするようになってからは旅行中の疲れが軽減されました。
長湯のブーさんに付き合って長時間入浴しても、これで大丈夫。
露天風呂に入る回数や時間を減らせば良いのでしょうが、旅の目的が「露天風呂にゆっくり入る事」なのでそこは譲れません。

たっぷり露天風呂を満喫するためにも、これからも夫婦二人で健康に気を付けていきたいと思います。