ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

Fund of the Year 2016 結果発表

f:id:bu_kirin:20170117195211j:plain

2017年1月14日(土)、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year2016」が発表されました!


以前も書いた「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year2016」 


私は残念ながら投票できませんでしたが、結果発表を首を長くして待っていました。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year2016 とは 


簡単に言うと、投資信託(ファンド)について書いているブロガーの投票で投資信託のランキングを作ろうというもの。(名称そのままだ・・・)

個人が投票するものなので、購入する側にとってメリットがある投資信託が上位に選ばれる傾向があります。
私が唯一参考にしている投資信託のランキングです。

詳しくは公式サイトをご覧ください。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016

 

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year2016 結果発表 


以前、我が家のお金の先生ブログと紹介させていただいた「すぱいくさん」が、今年も素晴らしい速記録を書かれています。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016 表彰式の現地速報【第一部 投資信託 これまでの10年、これからの10年】

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016 表彰式の第二部 結果発表の速報

 

今回は139名の投信ブロガーさんが投票されました。

 

第1位 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

第2位 たわらノーロード先進国株式

第3位 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF

第4位 iFree8資産バランス

第5位 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

第6位 ひふみ投信

第7位 ひふみプラス

第8位 世界経済インデックスファンド

第9位 <購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド

第10位 セゾン資産形成の達人ファンド

特別賞 「ひふみシリーズ」

第11位 結い2101 
第11位 三井住友・DC全海外株式インデックスファンド
第13位 Funds-i内外7資産バランス・為替ヘッジ型
第14位 たわらノーロード 新興国株式
第15位 eMAXIS バランス(8資産均等型)
第16位 SMT米国株配当貴族インデックス・オープン
第17位 SPDR S&P 500 ETF
第18位 SMTダウ・ジョーンズインデックス・オープン
第20位 DCニッセイ外国株式インデックス
第20位 SMTグローバル株式インデックス・オープン
第20位 ひふみ年金

 

私の感想 


詳しい分析ができるほどの知識がないので、そちらは投信ブロガーさん達にお任せします。
私はあくまでも個人的な感想を。

我が家が積立やNISA枠で購入する投資信託は、このランキングを参考に決めています。
保有経験のあるもので今回ランクインしているのは


第1位 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

第2位 たわらノーロード先進国株式

第5位 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

第8位 世界経済インデックスファンド

第9位 <購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド

第20位 DCニッセイ外国株式インデックス

 

ニッセイ外国株式インデックスファンド
たわらノーロード先進国株式

昨年NISA枠の中で先進国株式の投資信託を購入する際は、第2位のたわらノーロード先進国株式を選んでいました。
一昨年は第1位の<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド。

信託報酬の差はわずか。
今年はどうしようかと思案中です。

※信託報酬:投資信託の保有中にかかる手数料。管理手数料。

 

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
世界経済インデックスファンド 

第5位のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、私が2014年7月から積立ている投資信託。
一番思い入れがあるので上位にランクインして嬉しい反面、前回4位から順位を落としているので少し残念です。

信託報酬だけを見ると、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドはバランスファンドの中では低めの0.69%(税抜き)。
似たようなバランスファンドとしてよく比較される、第8位の世界経済インデックスファンドは0.50%(税抜き)。
セゾンVGBFの分が悪い。

2つとも債券と株式の資産配分比率は50:50で同じですが、資産配分比率が異なります。
セゾンVGBFは、債券・株式の地域別の配分比率に時価総額比率を用いています。
世界経済IFは、GDP比率を参考に地域別構成比率を定めて資産を配分。


2つ同時に保有していた時期があったのですが、なんとなく世界経済IFがしっくりこなくて手放してしまいました。
しっくりこない理由は自分でもわかりません。
自分の資産を託すものなので、自分で納得できるものだけ選ぶようにしています。

 

ニッセイTOPIXインデックスファンド

 昨年NISA枠の中で国内株式の投資信託を購入する際は、第9位の<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンドを選んでいました。

今年もこのままだと引き続き購入するかな?
同じTOPIX連動で、さらに信託報酬が安い投資信託が出てきたら、変更するかもしれません。

 

DCニッセイ外国株式インデックス 

保有していることをすっかり忘れていたDCニッセイ外国株式インデックス。

DCとは確定拠出年金のこと。
我が家は2014年10月、SBI証券で個人型確定拠出年金を始めました。
2016年4月、EXE-i先進国株式ファンドからスイッチング・掛金配分変更をして、この投資信託を保有しています。

スイッチングして以降、個人型確定拠出年金はほったらかしにしています。
一時期は損益がマイナス15万円になっていましたが、昨年末はプラス15万円。
マイナスの時は安く買えると喜び、プラスの時は資産が増えたと喜び、いつでもうれしいのが積立投資だと思っています。

 

気になる8資産均等 

保有している以外のもので気になっているものは、第4位のiFree8資産バランス。

これは、国内・先進国&新興国株式・国内・先進国&新興国債券・国内&先進国REITの8資産に均等に投資するインデックスファンドファンドです。

信託報酬は0.23%(税抜)とバランスファンドでは驚愕の低さ。
第15位のeMAXIS バランス(8資産均等型)は0.50%(税抜)。
信託報酬の差がランキングに表れています。

また、iFree8資産バランスは信託財産留保額がありません。

※信託財産留保額:中途換金時に徴収されるコスト。解約代金から差し引かれる。

 

自分で配分などを操作できないバランスファンドでの積立投資が、私には合っているようです。
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの毎月の積立額を増やすか、他のバランスファンドの積立を追加で始めようかと悩んでいます。

8資産均等は、配分のわかりやすさが魅力。
どうしようかな・・・

 

私の投資スイッチが入りました。
信託報酬と信託財産留保額だけでなく、トータルリターンや標準偏差などから総合的に投資信託を判断し、自分に合ったものを探したいと思います。

 Fund of the Year 2016 に感謝。