読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

倉庫暮らしの断熱 アルミシートを断熱カーテンライナーにする

f:id:bu_kirin:20170121142640j:plain

使わないアルミシートを部屋の断熱に使ってみました。

 

昨年末、断熱カーテンライナーを実家に導入したら、予想以上の効果がありました。

www.bu-kirin.com

 

できるだけお金をかけずに、我が家でも断熱カーテンライナーを導入したい。

倉庫の2階にある我が家の間取り図 

f:id:bu_kirin:20170121144028j:plain

断熱したいのは、青枠の中の寝室と居間の出入り口にあるカーテン。

暖房を使用するのは居間だけです。
居間に居ると、寝室側から冷気を感じます。

この場所は昨年11月末に冬仕様にしました。 

www.bu-kirin.com


現状は、普通のカーテンとレースのカーテンのみ。

f:id:bu_kirin:20170121144337j:plain

カーテン上部の隙間は、反対側からも細長い布でふさいであります。

昨年まではこれで寒くなかったのですが、この冬はカーテンの近くに座る夫のブーさんが寒そうです。


私が目をつけたのは、ブーさんが何かに使おうとダイソーで買ったのはいいけれど、結局使えずに放置されていたアルミシート。
これで断熱カーテンライナーを自作します。 

下準備として、レースのカーテンは外しました。

 

使用したもの

f:id:bu_kirin:20170121145342j:plain


・簡易保温アルミシート(約150cm×213cm)
・画鋲
・養生テープ
・マスキングテープ


すべて家にあったものなので、出費はゼロ。

 

アルミシートの短辺の片側に養生テープを貼り、補強する。 

f:id:bu_kirin:20170121150346j:plain

アルミシートは透けて向こう側が見えるくらい薄いので、養生テープをきれいに貼るのは結構大変。
シワが寄ってしまいました。


カーテンを覆うように、補強したところを上にして画鋲で壁に貼る。

f:id:bu_kirin:20170121151940j:plain


下は、カーテンと居間のカーペット包み込むようにクリップで留める。

f:id:bu_kirin:20170121184505j:plain

 

両端は、アルミシートにマスキングテープを貼り、その上から養生テープでカーテンに接着する。

f:id:bu_kirin:20170121184956j:plain

マスキングテープを貼ったのは、あとで養生テープを剥がしやすくするためです。


全体像。
青枠で囲った場所は出入り口のため、端から30cmはアルミシートで覆いませんでした。

f:id:bu_kirin:20170121195357j:plain

アルミシートの幅は150cm、必要な幅は125cm。
両端を内側に折り込み、幅を調節するとともに強度を高めました。


それにしてもピカピカと眩しい・・・ 

 

レースのカーテンでアルミシートを隠します。

f:id:bu_kirin:20170121200448j:plain

大分落ち着きました。


今回、レースのカーテンの使用目的はアルミシートの目隠しのみのため、居間のカーペットの下には折り込みませんでした。

f:id:bu_kirin:20170121201139j:plain

掃除をしやすくするため、床から少し浮く長さに手縫いで調節。
これでホコリがたまりにくくなるはず。


出入りする度にアルミシートがカサカサと音を立てますが、これもご愛嬌。

 

効果のほどはまだわかりません。
雪が降るような寒い日になったらわかるかな。

その前に、もう少しカーテンの隙間をふさごう。