ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

薬のレシート捨てずに節税 セルフメディケーション税制

f:id:bu_kirin:20170122194209j:plain

2017年1月1日から始まった特定の医薬品購入に対する新しい税制、
セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)。
きちんと学んで節税しようと思います。

 

セルフメディケーション税制とは 

「セルフメディケーション」=自己治療、自主服薬。
自分自身で傷病・症状を判断し、医薬品を使用すること 。

健康診断などを受けている人が一部の医薬品(スイッチOTC薬)を購入した際に、所得控除を受けられます。


※所得控除=税金を計算する時に、所得から控除することができるもの(課税されないもの)。所得から差し引いてもらえるもの。

 

スイッチOTC薬とは 

「OTC」=Over The Counter(カウンター越し)の略称。
「OTC薬」=ドラッグストアなどで販売されている医薬品。

「スイッチOTC薬」=もともと病院で処方箋を受けなければ手に入らなかった医薬品が、一般薬としてドラッグストアなどでの販売が許可されたもの。

対象となるものは、厚生労働省のWebサイトに掲載されている医薬品です。
(2017/1/17現在、1577品目)

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について |厚生労働省


対象となる医薬品の多くには、このようなマークが付けられています。

f:id:bu_kirin:20170122102515j:plain

義務化されていないので、対象となる医薬品でもマークが付いていないものがあるので注意して下さい。

また、楽天市場やアマゾンなどで「セルフメディケーション税制対象商品」と検索すると、対象となる医薬品が表示されます。

 

対象医薬品の一部を紹介します。


・風邪薬 ベンザブロックLプラス


・鼻炎・花粉症 アレグラFX


・鎮痛・解熱 イブA錠


・胃腸薬 新セルベール整胃


・外用消炎剤 サロンパスEX 


・虫さされ 液体ムヒアルファEX


・肩こり・腰痛・眼精疲労 アリナミンEXゴールド

見慣れた薬が結構ありますね。

 

どれだけトクできるのか

1年間(1月1日~12月31日)に、世帯で購入したスイッチOTC薬の購入額合計が税込12,000円を越えるときは、その越える部分の金額(上限88,000円)について総所得金額から控除することができます。


わかりにくいので図にすると

f:id:bu_kirin:20170122110313j:plain


例をあげて説明します

・課税所得400万円の人が、対象医薬品を年間で税込20,000円購入した場合。
 (この購入金額には「扶養している家族の分」も含まれます)

 

f:id:bu_kirin:20170122113252j:plain


1、8,000円が課税所得から控除される 
  →購入金額20,000円ー下限額12,000円=8,000円

2、減税額 ・所得税1,600円の減税
       →控除額8,000円×所得税率20%=1,600円

      ・個人住民税800円の減税
       →控除額8,000円×個人住民税率10%=800円

  合計 2,400円のトク(減税効果)

 

所得税率=所得金額に応じて異なる(5~45%)
個人住民税率=一律10%


日本一般用医薬品連合会「知ってトクする セルフメディケーション税制」では、簡単に減税額が計算できます。

f:id:bu_kirin:20170122142934j:plain

 

対象となる人とは

1、所得税・住民税を納めている。

 


2、健康の保持増進及び疾病の予防への取組(一定の取組)を行っている。

  下記のいずれかの取組を行う必要があります。

 ・特定健康診査(いわゆるメタボ検診)または特定保健指導
 ・予防接種
 ・定期健康診断(事業主健診)
 ・健康診査
 ・がん検診

  2017年のOTC医薬品の購入費用で申告する場合
  →2017年1月から2018年1月までに上記のいずれかを受けていること


※申請者が任意に受診した健康診査(全額自己負担)は、「一定の取組」に含ま
れません。


3、1月1日~12月31日の1年間に、対象となるスイッチOTC薬を購入した合計額が12,000円を超えている。

 

納税者本人(申請者)と扶養している家族、それぞれの購入費用を足すことができます。

たとえば、申請者である夫のスイッチOTC薬の購入費用と、扶養されている妻と子の購入費用を足して12,000円を超えていれば対象となります。


1年間に12,000円と聞くと多そうですが、1ヶ月平均1,000円。
医療費控除は1年間に10万円を超えないと対象とならないので、この特例はハードルがグッと低くなっています。


従来の医療費控除との併用はできるか

併用できません。
医療費控除とセルフメディケーション税制のどちらかを利用するのか、自身で選ぶ必要があります。

 

どうやって申請するのか

医療費控除と同じように確定申告が必要。 

2017年(1月1日~12月31日)にOTC医薬品の購入費用が12,000円を超える場合は、翌2018年に確定申告ができます。 

所得税の一般的な確定申告期間は、2月16日~3月15日。
申告することで所得税の所得控除が受けられるようになります。


国税庁のサイトには確定申告書等作成コーナーがあり、画面の案内に従って金額等を入力することにより、 確定申告書を作成できます。
電子申告等データを作成しインターネット上で送ることや、プリントアウトして税務署へ提出することができます。

所得税(確定申告書等作成コーナー)|申告・納税手続|国税庁

 

確定申告時に必要なもの

 

1、対象医薬品の「購入レシート」または「領収書」 

ドラッグストアなどで市販薬を購入した際のレシートや領収書は、必ず捨てずに保管しておきましょう。
なお、感光や文字のかすれなどで確認が難しいレシートは無効となります。


レシートまたは領収書には、以下の5つが明記されていることが必要です。

 1、商品名
 2、金額
 3、当該商品がセルフメディケーション税制対象商品である旨
 4、販売店名
 5、購入日


この5つが明記されていれば、レジで発行されるレシート・手書きの領収書どちらでもOKです。


3の「当該商品がセルフメディケーション税制対象商品である旨」の明記について、レシートでは以下の2つの方法があります。

・対象商品のみの合計額を分けて記載
・商品名の前に★マークなどを付け、「★印はセルフメディケーション税制対象商品」などと記載する。

f:id:bu_kirin:20170122184807j:plain

 

2、健康診断や予防接種などを受けたことを証明する書類

この書類は本人(申請者)のみ必要とされます。
家族の分は必要ありません。

また、結果通知表はコピーの提出でOKです。
健診結果部分は不要なので、黒塗りまたは該当部分を切り取って下さい。

・定期接種又はインフルエンザワクチンの予防接種

 →その予防接種の領収書(原本)又は予防接種済証を提出


・市町村のがん検診

 →領収書または結果通知表を提出


・会社の健康診断
 (結果通知表に「定期健康診断」または「勤務先(会社等)」の記載があること)

 →結果通知表を提出

 

・特定健康診査
 (領収書、結果通知表に「特定健康診査」または「保険者名」の記載があること)

 →領収書または結果通知表を提出


・定期健康診断・特定健康診査・人間ドックなどの健康診査
 (常時使用される労働者の方:結果通知表に「勤務先名」または「保険者名」の記載があること)
 (上記以外の方:結果通知表に「保険者名」(※)の記載があること)
 ※「A市国民健康保険」などの記載。 単に市町村名のみ記載はNG。 

→結果通知表を提出

 

3、源泉徴収表

会社などに勤めている方は、給与所得の源泉徴収表を添付する必要があります。

 

最後に 

2016年9月にFP2級を受検する際、概要だけ勉強したセルフメディケーション税制。
今回まとめてみて「とても身近で、知らないと損をする特例だ」と思いました。

医療費控除とセルフメディケーション税制、どちらを選ぶにしてもレシートがないと始まらない。
医薬品のレシートは、すべて大切に保管しましょう!

 

参考にしたサイト

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について |厚生労働省

知ってトクする セルフメディケーション税制