ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

アルミシートを断熱カーテンライナーにしたその後 

ダイソーの保温アルミシート

ダイソーの保温アルミシートをカーテンの断熱に使ってみた結果と、それを受けて考えたことを書いていきます。


先日、使わずに放置されていたアルミシートを、断熱カーテンライナーにしました。

詳しくはこちらをご覧下さい。 

倉庫暮らしの断熱 アルミシートを断熱カーテンライナーにする

 
私たち夫婦は、倉庫の2階という特殊な環境で暮らしています。 

間取りは以下の通りです。

間取り図

アルミシートを使用したのは、青枠の中の居間と寝室の出入り口にあるカーテンです。


寝室から見たところ。

出入り口にあるカーテン

普通のカーテン・アルミシート・レースのカーテンの順で掛けてあります。

アルミシートで上下左右の隙間をなくし気密性を高めました。

上は壁に画鋲で貼り、下は居間のカーペットの端を包むようにクリップで留めました。

左右は、テープでカーテンに貼り付けてあります。

レースのカーテンの使用目的は、キラキラ光るアルミシートの目隠しです。

 

 

アルミシートの効果は・・・ 

ありました。

温度計で計測していませんが、あきらかに体感温度が違います。

普段、暖房を使用するのは居間だけです。

そのため以前は居間にいても、

寝室との仕切りになっているカーテンの付近は、冷気を強く感じていました。

現在は仕切りカーテンの近くまで行っても冷気を感じません。

 

アルミシートだからあたたかい? 

居間が暖かくなったのはアルミシートのおかげだとは思いますが、

それは「アルミ」でないといけないのか?と考えました。

体感温度が変わったのは気密性を高めた結果だと思います。

気密性の大切さは、真夏に感じたことがあります。

天井板の隙間をガムテープでふさいだら、それだけで冷房効率が上がりました。

 

アルミシートを断熱カーテンライナーとして使用したときの欠点

アルミシートで部屋は暖かくなりましたが、気になる点が2つあります。 

  • キラキラと光ってまぶしい
  • 揺れた時にカサカサと音がする

窓の近くに掛けるとカーテンが揺れたときにカサカサと音がして、耳障りかもしれません。

 

100円ショップの商品を断熱カーテンライナーにするなら 

シャワーカーテンが良いのでは? 

断熱カーテンライナーとして一般的に売られている商品は、塩化ビニル樹脂製。

それに近いものを考えるとシャワーカーテンが浮かびます。

これなら揺れても音がしないし、加工もしやすい。

上部には掛けるための穴が開いています。

市販されている断熱カーテンライナーも、同じように上部に穴が開いています。

取り付け方法はこちらを参考に。

f:id:bu_kirin:20161225125417j:plain

インターネットで調べると、

100円ショップで売られているシャワーカーテンの大きさは138cm×180cm。

 他に100円ショップの商品で使えそうなものは、

  • エアキャップ(プチプチ):120cm×120cm など
  • ビニールテーブルクロス:120cm×150cm、132cm×132cm など

私が100円ショップの商品を断熱カーテンライナーにするなら、シャワーカーテンを使います。

それが一番簡単そう。


【2018年2月4日追記】

ダイソーのシャワーカーテンで断熱カーテンライナーを作りました。

想像以上に効果がありましたので、詳しくは下の記事をご覧ください。

【寒さ対策】ダイソーのシャワーカーテンを断熱カーテンライナーにする


▼便利なアルミ断熱カーテンもあります。 


▼おしゃれな断熱カーテンライナーも人気です。