ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

リスク資産の割合を見直す

f:id:bu_kirin:20170128181234j:plain

今更ながら、昨年末の資産状況を確認しました。

 

リスク資産の現状と目標

資産状況をまとめ、私の総資産に対するリスク資産の割合の低さを再確認
リスク資産とは投資に回している資産。

私は2014年7月から投資信託の積立投資を続けています。
2年半続けましたが、その資産残高は総資産の10%程度。

f:id:bu_kirin:20170128094119j:plain

無リスク資産をどれだけ確保するかは、個人によって考え方が違います。
現在の私の理想は、リスク:無リスクが50:50くらい。

とりあえず、リスク資産40%を目指そうと思います。

f:id:bu_kirin:20170128095844j:plain

積立ファンドの追加 

現在積立投資している投資信託は、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドのみ。
毎月の積立額を増額してリスク資産の割合を増やす事も考えました。

しかし何かしっくりこない。
昨年の春から、先進国株式の割合を増やしたいと思っています。

そうだ、この機会に先進国株式ファンドの積立を始めよう


先進国株式の投資信託といえば、先日の「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016」で1位と2位に選ばれた2つ。

・<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
・たわらノーロード先進国株式

どちらを選ぶか大変悩みましたが、応援したい気持ちがあるのでたわらノーロード先進国株式にします。

 

どの証券会社で積み立てるか 

私がメインで使っている証券会社はSBI証券。
NISA口座の買付け、IPOの申し込みなどで時々ログインします。

ログインするとしてしまうのは資産状況の確認。
ほったらかしで坦々と積立投資を続けるには、資産状況を確認しないほうが精神的に楽です。

そこで思い出したのは楽天証券
あまり使っていないので、ここなら積立している投資信託の資産状況が気にならないはず。

楽天証券で投信積立をする時の、引き落とし方法は4つから選べます。

・証券口座から積立
・楽天カードから積立
・楽天銀行から積立
・その他金融機関から積立
 

楽天銀行口座と楽天証券口座を結びつけた場合(マネーブリッジ)の優遇金利は0.10%。

また「マネーブリッジ」と「楽天銀行ハッピープログラム」に登録すれば、投資信託の残高10万円ごとに毎月4ポイントをもらえます。


楽天銀行にある程度まとまった金額を預け入れて、そこから積み立てることにしよう。

 

積立指定日はいつにする 

楽天証券で投信積立を行う場合、月1回、毎月1日~28日の中から希望の日を「積立指定日」にすることができます。
私としては気分的に月3回に分けて積立したかったのですが、しょうがない。

月1回とするなら12日かな。

すでに積立投資しているセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの注文日は19日。
なんとなく1週間空けてみようかと。

 

毎月の定期積立額はいくらにするか

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの2倍にします。


セゾンVGBFは、毎月の定期積立以外にスポット購入もしています。
この2年間を見ると総積立額の60%がスポット購入でした。

f:id:bu_kirin:20170128113759j:plain

新たに楽天証券で始める先進国株式の積立は、設定をしたら基本ほったらかしにしたいと考えています。
また、毎月の積立額はセゾンVGBFと先進国株式を同額程度にしたい。

スポット購入を頻繁にしているセゾンVGBFと毎月の積立額を同額程度にするならば、先進国株式の定期積立額を2倍にしておけばいいでしょう。

ほったらかしと言っても、世界同時株安などで基準価格が大きく低下した時は、スポット購入をすると思います。

 

やっと本格始動 

1月も終わりにさしかかり、やっと資産管理のやる気スイッチが入りました。 
いつものことながら行動を起こすのが遅い私。
ストレスなくマイペースにやっていくのが長続きの秘訣だと思うので、まあこれでいいのかな。

まずは、SBIから楽天銀行に資金移動だ。