読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

心地よい場所 天楽堂つり橋

温泉・外出

f:id:bu_kirin:20170315143325j:plain

大好きな天楽堂つり橋。
やはり静かで心地よい場所でした。

 

久しぶりに時間が出来たので、夫のブーさんとリフレッシュ。

以前も書いた天楽堂つり橋。 

自分をリセットする場所 天楽堂つり橋 - ブーさんとキリンの生活

 


つり橋があるのは栃木県日光市湯西川。

 

平家の里の向かい側にある美味しいゆば屋さんで「刺身ゆば」を買った後、

裏の森林公園へ。

f:id:bu_kirin:20170315152404j:plain


誰もいない静かな公園。

靴底から雪の冷たさを感じながら、先へ進みます。

 


見惚れるような立派な木々たち。

木々の奥に、つり橋の主塔。

f:id:bu_kirin:20170315152857j:plain


つり橋だ。

f:id:bu_kirin:20170315153722j:plain

手前に伸びるケーブル。
主塔が腕を伸ばし、大地にしがみ付いているようです。

 

鳥居のような主塔。

f:id:bu_kirin:20170315154810j:plain

高さ11.231m


天楽堂つり橋の概要

つり橋の特徴は、自転車に乗ったまま通行する場合にも、普通のつり橋のように揺れることがなく安定しており、
又、維持管理・景観面を考え耐候性の鋼材を使用し、塗装を施さず自然と調和していることです。
尚、安全面は局部的に1平方メートルあたり50Kgの人が6人乗っても耐えられ、
橋全体は859人が乗っても、風速55m/sの風が吹いても耐えられる構造になっています。

説明板より一部抜粋

 

頑丈に作られているので、雪が積もっても大丈夫。

f:id:bu_kirin:20170315170203j:plain

この橋に何度も来ていますが、揺れを感じたことは一度もありません。

 

さらに進み、振り返る。

f:id:bu_kirin:20170315160304j:plain

それにしても、3月だというのにすごい雪。

スニーカーを履いてきてしまい大失敗。

 

下流の風景。

f:id:bu_kirin:20170315161307j:plain

美しい風景に集中したいのに、

川岸ギリギリに建てられた倉庫がいつも気になります。

土台が崩れるのではないかと心配。

 

上流の風景。

f:id:bu_kirin:20170315171121j:plain

 

この場所にまた来ることができて良かった。

感謝。

 

最後に、主塔を見上げる。

f:id:bu_kirin:20170315155711j:plain

またいつか。