ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

コウモリ駆除に成功した意外なもの

f:id:bu_kirin:20170614124814j:plain

2年間にわたり屋根裏のコウモリと格闘。
結果、自分たちの力で追い出すことに成功しました。


私たち夫婦はプレハブ倉庫の2階を住居にしています。
数年前、毎晩続く屋根裏の物音で睡眠不足になりました。

建坪21坪の倉庫は、屋根裏も21坪あります。
広い屋根裏に様々な対策をし、駆除に成功。


コウモリ駆除に何が役に立ち、何が役立たなかったか
私たちの経験を元に書いていきます。

あくまでも個人の感想ですので、ご了承ください。 

 

 

目次

 

コウモリについて

f:id:bu_kirin:20170614124831j:plain

日本で一番身近なコウモリは「アブラコウモリ」、別名「イエコウモリ」。
頭胴長41〜60mm、前腕長30〜37mm、尾長29〜45mm、体重5〜10g。
黒褐色から暗灰褐色の体毛。

アブラコウモリの生態 

人目につかないコウモリ類の中で、唯一、家屋だけを住処とし、
山間部や家屋のない森林内には生息しません。

都市部の住宅密集地でも数多く生息し、昆虫を食べて暮らしています。

11月の中頃から3月中旬まで冬眠
冬眠期間中でも暖かい日には飛翔する姿を見かけることもあります。

春から秋は活動が活発になり、初夏に出産。
一度に1~3匹出産し、仔は約30日で親とほぼ同じ大きさに育ち、飛ぶようになります。
寿命は雄で3年、雌で5年ほど。

わが家では、1年目の秋に屋根裏の物音が静かになり駆除に成功したと思っていたら、
2年目の春にまた物音がするようになりました。
屋根裏で冬眠していたようです。

 

侵入経路と糞

1.5cm程のすき間があれば出入りすることができ、侵入経路を特定するのが難しい。
一般住宅に侵入した場合、天井裏に糞尿が堆積し、臭いや汚損の原因となります。

また、出入りに使うすき間から糞を落とし、敷地内や建物を汚します。
コウモリの糞の大きさは5~10mm。
色は茶色、昆虫しか食べないのでネズミの糞よりもろいのが特徴。 

わが家でも屋根裏に糞をされ、天井のすき間から居住スペースに糞が落ちてくることがありました。
出入り口に使われていたすき間周辺の外壁は汚れ、外に糞が落ちている事も。


勝手な捕獲や殺処分はできない  

益獣としてコウモリは鳥獣保護法で守られています。
無断で捕獲することや殺処分することはできません。


参照:アブラコウモリ / 国立環境研究所 侵入生物DB
   アブラコウモリ河川生態ナレッジデータベース

   アブラコウモリ:自然環境教育センター

   公益社団法人 東京都ペストコントロール協会

   

コウモリ駆除で使用したもの 

駆除のために使用したもの9つを、使用した順に説明します。

 

1、蚊取り線香

天井の一部に穴を開けてポリ塩化ビニル製のパイプをさし、
蚊取り線香の煙を屋根裏に充満させ、コウモリを追い出そうとしました。

f:id:bu_kirin:20170319180508j:plain

屋根裏の隙間を埋めていなかったのと、
屋根裏の広さが21坪あるのに対し、蚊取り線香が1~2つと少なく効果はゼロ

天井のすき間から住居スペースにも蚊取り線香の成分が充満し、
私たち人間の気分が悪くなるだけでした。

 

2、コウモリ忌避スプレー

f:id:bu_kirin:20170614124853j:plain

ホームセンターなどで売られているコウモリ忌避スプレー。
コウモリが嫌いなハッカの匂いがします。

我が家での効果は一瞬、またはゼロでした。

天井に開けた穴から屋根裏に噴射したり、
脚立にのぼって屋外から隙間にノズルを差し込み、屋根裏に噴射しました。

蚊取り線香と同じく、屋根裏の隙間を埋めきれていなかったのと
屋根裏が広いので隅々まで行き渡りませんでした。

しかし、スプレーすると少しの間だけ屋根裏の物音が静かになることも何度か。
コウモリが完全に棲みつく前に、
場所を狙ってピンポイントで攻撃できたら効果があるかも

次にコウモリが来た時にすぐに対処できるよう、スプレーは常備してあります

イカリ消毒 スーパーコウモリジェット 420ml


   

3、ネズミ忌避ジェル

スプレーと同じくコウモリの苦手なハッカの匂いがします。

屋根裏のいつも物音が聞こえるポイントに置きましたが、効果はゼロ

狭い場所なら匂いが充満して効き目があるのかもしれません。
屋根裏が広すぎるわが家には合いませんでした。


  

4、衣類用防虫剤  

昔ながらのショウノウの臭いがする防虫剤を屋根裏に置きました。

効果はゼロ

防虫剤の上にたくさんフンをされました・・・  

 

5、シーリング剤(すき間を埋める)

屋根裏周辺を屋外から観察し、すき間をシーリング剤で埋めました。
これは2年間継続して行い、効果あり

f:id:bu_kirin:20170614124934j:plain

出入り口がなくなればコウモリは屋根裏に入れないですし、
屋根裏から出られなくなれば餌が食べられず息絶えます。

シーリング剤では埋められないような大きなすき間は、木材や緩衝材(ミナフォーム)を使用。


屋根の端にあった大きなすき間に緩衝材を詰めて埋めたところ、
カラスがつついて取り出してしまいました。
カラスの足場になるところへ100円ショップの猫よけシート(とげ付)を固定。

f:id:bu_kirin:20170614125020j:plain

これでカラスが緩衝材を取り出すことはなくなりました。

 

 

6、獣よけ線香(唐辛子成分配合)

2年目、コウモリはハッカの他に唐辛子が苦手だと聞き、試してみました。
結果、コウモリよりも人間がつらい状態に

屋外で獣よけに使うものなので、屋内で焚くと唐辛子成分が強烈です。

蚊取り線香と同じく、天井にさし込んだパイプを通して屋根裏に充満させようとしましたが、もれ出てきた唐辛子成分で目とのどが痛い

使うのをあきらめ、スーパーで買った唐辛子を排水口ネットに入れて
屋根裏の3ヶ所に置きました。
唐辛子の効果はなかったように感じます。

 

7、ライト

f:id:bu_kirin:20170614125104j:plain

2年目、屋根裏をコウモリにとって不快な空間に変えようと、
ライトを2種類設置しました。
常時明るく照らすものと、物音がしたらスイッチを入れて照らすもの。

火災予防のためLED電球を使用しましたが、数日で慣れてしまい効果なし。 

(屋根裏に敷きつめてあるものは断熱材です。)

 

8、超音波発生器

2年目、超音波発生器を設置。
効果は不明

2年目で駆除できましたが、設置した後もコウモリは屋根裏にいました。

私は猫よけの超音波発生器が苦手なので、
屋根裏に設置したら私が不快に感じるのではないかと不安でした。
しかし一度も不快に感じることがなく、その点は良かったです。 

 

9、ラジコン

f:id:bu_kirin:20170614125134j:plain


2年目、甥が遊ばなくなったラジコンを屋根裏に設置。
夜中、寝室の屋根裏で物音がした時に、
枕もとのコントローラーで操作するようにしました。

効果は絶大!

バタバタと物音がしていても、ラジコンを動かすとピタッと静かになりました

物音→ラジコン→静かになる

これを続けていると物音が聞こえる頻度が減少


20日間ほど続けたある日、夕方にシーリング剤で屋根裏のすき間埋めをしたら
その夜から物音が一切しなくなりました。

屋根裏で息絶えたのかと思いましたが、それらしきものは見当たりませんでした。


ちなみに、断熱材の上に直にラジコンを置くとすべってタイヤが空転してしまうため、
レール代わりにダンボールを敷きました。

また、超音波を乱反射した方が効き目があると考え、
ラジコンの車体に光沢のある容器のフタやアルミホイルを乗せました。 

 

コウモリ駆除成功のカギは 

すき間埋めラジコン

わが家のコウモリとの戦いは、この2つで決着がつきました。


結局、コウモリ駆除に大切なのは、

  1. コウモリの出入り口をなくす
  2. コウモリにとって不快な環境を作る

ということなのでしょう。

わが家では、まさかのラジコン大活躍でした。

(駆除に成功してから1年半ほど経ちますが、屋根裏は静かです。)