読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

節約できる理由 旅行を楽しみひと月9万

f:id:bu_kirin:20170326111411j:plain

帰省も旅行もしたけれど、ひと月あたりの生活費は9万円台。

 

1~3月の3ヶ月の間に帰省1回、温泉旅行は2回行きました。

そんな3ヶ月の生活費(税金・保険料除く)は、28万円台。

1ヶ月あたり9万円台

やった。うれしいな。

1月後半から仕事と家族のことでバタバタしていたため、
節約より時短や手軽さを重視する時がありました。

それでも目安の1ヶ月10万円を達成。


我慢せずに節約できた理由を、思いつくままに書いてみます。


わが家の生活費の詳しい内容については、こちらをどうぞ。  

わが家の支出 - ブーさんとキリンの生活

  

物との向き合い方 

買い物をする時は、欲しい物より必要な物を買うようにしています。


また、買った物は使いきることを心がけています。 

「縁あって自分のところに来てくれた物は大切に使いきる。」

食材・日用品・服などすべての物に対して、私はそのように向き合っています。

もらい物など自分では使いきれそうにないと判断した時は、
リサイクルショップを活用し、早めに手放すようにしています。
家族にゆずり、使ってもらうこともあります。


自分たちらしいオシャレ 

一般的な家庭よりも、オシャレに使う費用が少ないのもわが家の特徴。 

服・化粧品・美容など外見を整えることに関しては、
清潔感とマナーをクリアし、ストレスがなければ良いと考えています。

髪は、夫婦共にセルフカット。 

私は結婚後に始めましたが、少しずつ上達しているのを実感。
楽しみながら続けています。

そして、元々オシャレではない私、若い頃にオシャレをやり切りました。 

モデルさんの真似事をしていた時期に「やり切った」と感じていて、
現在はあまり化粧をしていません。

光老化は怖いと感じているので、日焼け止めは年間通して使用。
日焼け止めは商品入れ替えなどで安くなっているものを、まとめ買いしています。

長身のため、体型・好み・値段の点で納得できる服を見つけるのが大変。
次にTシャツを買う時は、メンズのMにしようと考えています。
メンズはシンプルで着丈が長いのが魅力的。

 

使い方の選択

f:id:bu_kirin:20170326112803j:plain

結局、「何にお金を使うか」という選択の結果なのだと思います。

私たち夫婦には「セミリタイアと移住」という目標があります。
お金を使えば資産が減り、資産が減れば目標達成は遠ざかる。

しかし、大好きな温泉旅行は我慢しません。
工夫をして大いに楽しんでいます。

夫婦でよく話し合い、これからも納得のいく選択をしていきたいと思います。