読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

3ヶ月で10キロ痩せた高脂血症の夫の変化

f:id:bu_kirin:20170412191538j:plain

「死んじゃうよ!」と主治医に言われた夫のブーさん。

 

ブーさんは、遺伝によってコレステロールと中性脂肪が高くなる家族性III型高脂血症。

定期的に通院するようになりデータが揃ってきたので、
今までを振り返りながらまとめてみます。 

 

目次

  

健康診断結果と服薬後の数値の変化

健康診断結果 

2015年→2016年の変化(赤文字は基準値外)

  • 体重  75.7kg 65.2kg
  • 体脂肪 26.0%22.8%
  • γ-GTP 87   → 39
  • 尿酸  7.6    → 6.5


2015年→2016年、脂質代謝の変化(赤文字は基準値外)

  • LDL-コレステロール 48   → 35
  • HDL-コレステロール   25   → 23
  • 総コレステロール  335  250
  • 中性脂肪        1310 959

 

ベザトールSR錠200mg服薬後の変化

2016年7月→2017年1月(赤文字は基準値外)

  • LDL-コレステロール 35   → 171 
  • HDL-コレステロール   23   → 55 
  • 総コレステロール  250  273 
  • 中性脂肪      959 278 

 
※脂質代謝の基準値

  • LDL-コレステロール 65  ~ 139
  • HDL-コレステロール   40  ~ 85  
  • 総コレステロール  120 ~ 219
  • 中性脂肪      30   ~ 149

  

2015年 健康診断とダイエット

初めての健康診断 

春頃から、安静にしていても不整脈めまいが頻発

また体重の増加にともない、膝痛と睡眠時無呼吸症候群に悩まされる毎日。

健康に無関心だったブーさんもさすがに不安になり、自治体の健康診断を受けました。

総合判定はD

要医療。主治医の指示に従って受診して下さい。
内臓脂肪型肥満が認められます。
生活習慣の改善に取り組みましょう。
脂質検査に高度異常を認めます。
肝機能検査に異常を認めます。
肝臓系疾患で高値を示します。
尿酸値が高い状態です。

もうボロボロ。 

 

食生活改善ダイエット 

f:id:bu_kirin:20170412151212j:plain

健康診断の結果を受けて食事によるダイエットを開始。
3ヶ月で10キロ痩せました。 

中性脂肪を減らすため、脂質と糖質の摂取量をできるだけ抑えました。

また食物繊維の摂取量を増やし、食べる順序を改善。

できるだけ野菜・青魚→肉→炭水化物の順で食べています。

ダイエットに関しては、以下にまとめましたので参考にしていただければ幸いです。


体重が減るにつれて不整脈・膝痛・睡眠時無呼吸症候群は改善しました。

めまいはするものの、頻度が減少。

 

食事改善による数値の変化

ダイエット開始後1ヶ月

  • γ-GTP        87   → 62
  • LDL-コレステロール 48   → 76
  • HDL-コレステロール   25   33
  • 総コレステロール  335  226
  • 中性脂肪      1310457

体重だけでなく血液検査の数値にも変化が見られ、
このまま続ければ中性脂肪の値も基準値内になると考えました。


治療はせずに健康によい食事を継続。

普通の体質の方なら、このまま続けて健康になると思います。

ブーさんには遺伝性の病気が隠れていました

 

2016年 家族性III型高脂血症の治療開始

初めて知った遺伝性疾患 

健康診断では体重・尿酸値・γ-GTPが基準値内になったにもかかわらず、
なぜか脂質代謝の数値は変わらず異常

特に、中性脂肪1310959と高度異常のまま。

中性脂肪の基準値は30~149です。

この結果からブーさんは「家族性III型高脂血症」と診断されました。

生活習慣とは関係なく、遺伝的に脂質異常症になりやすい体質だったのです。

f:id:bu_kirin:20170412145459j:plain

すぐに高脂血症治療剤べザトールSR錠200mgが処方されました。

1日2回、朝夕食後1回1錠服用。

服薬後の中性脂肪は、959278 と基準値外ながらも減少。

主治医には「遺伝性のものなので下がりにくい」と言われたようです。

 

家族性III型高脂血症とは 

家族性Ⅲ型高脂血症は、遺伝性疾患のひとつです。
家族性Ⅲ型高脂血症は、血中のコレステロール高値とトリグリセリド高値の原因となります。
この遺伝性疾患を受け継いだ人は、若年期に動脈硬化(アテローム性動脈硬化症)を発症するリスクが高くなります。
そのほか、心臓発作脳梗塞に対するリスクも高くなります

引用元:http://ja.healthline.com/health/familial-dysbetalipoproteinemia#概要1

女性よりも男性に症状がみられる傾向があり、
また男性は比較的若い年代に発症するようです。

  • 両親のうちのどちらかにこの障害がある場合→子供に50%の確率で遺伝。
  • 両親ともこの障害を持っている場合→子供には75%の確率で遺伝。


ブーさんの親類には、父方母方ともに脳梗塞で倒れた方が複数います。
今年も身内が救急車で運ばれました。

家族性Ⅲ型高脂血症」と診断されている方はいないようですが、
気付いていないだけではないかと推測しています。

 

家族性Ⅲ型高脂血症の症状

家族性Ⅲ型高脂血症の兆候は次の3つ

  1. 血中コレステロールおよび血中トリグリセリド(中性脂肪)高値
  2. 黄色い皮疹
  3. 若年期の動脈硬化

参照元:http://ja.healthline.com/health/familial-dysbetalipoproteinemia#Overview1

1は既に発症。
2は今のところ見当たりません。

問題は3の動脈硬化。 

これについては健康診断ではわからないので、最近検査をしました。

 

2017年 動脈硬化の検査 

身内が脳梗塞で倒れたこともあり、動脈硬化の検査を受けました。

結果は

f:id:bu_kirin:20170412141611j:plain

やった正常!

40代半ばのブーさん、血管の硬さは30代後半
実年齢よりも若い血管だとは予想外。 

BMIも基準値内でうれしい。

動脈の詰まりも正常!

f:id:bu_kirin:20170412145124j:plain

玉ねぎと納豆・青魚をよく食べているからかな?
とにかく良かったです。

↓わが家が食べている青魚はコレです↓

美味しいので、週に5日食べ続けています。
両親にもすすめました。 

 

CAVI(キャビー)検査とは

f:id:bu_kirin:20170412153414j:plain

今回ブーさんが受けたのは「CAVI(キャビー)検査」。

CAVIとは、心臓足首血管指数。

動脈の硬さを調べる検査で、大動脈を含む心臓から足首までの動脈硬化度を調べます。

動脈硬化が進行するほど高い値となります。

正常範囲は8未満。


ABIとは、足関節上腕血圧比。

足の動脈の詰まりの程度を表しています。

ABIの値が低くなるに従って、狭窄や閉塞の可能性が高くなります。

標準値は0.91~1.4。

 

あお向けに寝た状態で両腕・両足首にバンドを巻き、胸にパッドを付けるだけ。
時間は5分程度。
とても簡単だった、とブーさんは言っていました。

結果はその場ですぐにわかります。

健康保険で検査が受けられますし、おすすめです。

薬の処方などを含めても、3割負担で1,600円程度の支払いだったので、
お手ごろ価格な検査。

 

最後に

f:id:bu_kirin:20170412184753j:plain

ブーさんは主治医からこんな話を聞きました。

「私の患者さんで中性脂肪が1000を超えているのは、あなたで2人目。」

「もう1人は急に倒れて死んじゃったよ。」

疑いがある場合は、どうか早めに受診して下さい。

「家族性Ⅲ型高脂血症」は遺伝性疾患なので、
一生付き合っていかなければなりません。

ストレスをためないよう工夫をしながら、日々気をつけていこうと思います。