ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

3ヶ月で10キロやせた高脂血症(脂質異常症)の夫の変化

夫の検査結果

健康診断で「中性脂肪の値が高い」と言われたことはありませんか。


夫は、2015年の健康診断で中性脂肪の値が1000を超え、

遺伝的にコレステロールと中性脂肪が高くなる、家族性III型高脂血症とわかりました。

同じく中性脂肪の値が高くて困っている方、不安な方のお役に立てればと思い、

夫の食生活改善ダイエットと治療を振り返りながらまとめていきます。 

 

目次

 

2015年 健康診断とダイエット

初めての健康診断 

夫は春頃から、安静にしていても不整脈めまいが頻発するようになりました。

また体重の増加にともない、ひざの痛みと睡眠時無呼吸症候群に悩まされる毎日。

健康に無関心だった夫もさすがに不安になり、自治体の健康診断を受けました。

総合判定はD、要医療。

  • 体重  75.7kg
  • 体脂肪 26.0%
  • γ-GTP 87 
  • 尿酸  7.6 
  • LDL-コレステロール 48  
  • HDL-コレステロール   25 
  • 総コレステロール  335 
  • 中性脂肪        1310


結果は体重、体脂肪、肝臓(γ-GTP)、尿酸、脂質代謝の値が基準値外でした。

特に脂質検査に高度異常ありとのこと。

医師には「服薬による治療よりも生活の改善を」と言われ、

まずは食生活を見直して体重を10kg落とすことにしました。

 

食生活改善ダイエットで-10kg

玉ねぎとわかめの和え物

健康診断の結果を受けて食事によるダイエットを開始。

3ヶ月で10キロ痩せることに成功しました 

中性脂肪を減らすため、脂質と糖質の摂取量をできるだけ抑えました。

また食物繊維の摂取量を増やし、食べる順序を変えました。

野菜・青魚⇒肉⇒炭水化物の順で食べています。

ダイエットに関しては、以下にまとめましたので参考にしてください。


体重が減るにつれて不整脈・膝痛・睡眠時無呼吸症候群は改善しました。

めまいはするものの、頻度が減少。

 

食事改善ダイエットによる数値の変化

ダイエット開始後1ヶ月(赤は基準値外)

  • γ-GTP        87   → 62
  • LDL-コレステロール 48   → 76
  • HDL-コレステロール   25   33
  • 総コレステロール  335  226
  • 中性脂肪      1310457

体重だけでなく血液検査の数値にも変化が見られ、

このまま続ければ中性脂肪の値も基準値内になると考えました。

治療はせずに健康によい食事を継続。

普通の体質の方なら、このまま続けて健康になると思います。

ブーさんには遺伝性の病気が隠れていました。

 

 

2016年 家族性III型高脂血症の治療開始

初めて知った遺伝性の病気

健康診断では体重・尿酸値・γ-GTPが基準値内になったにもかかわらず、

なぜか脂質代謝の数値は変わらず異常

特に、中性脂肪1310⇒959と高度異常のまま。

中性脂肪の基準値は30~149です。

この結果からブーさんは「家族性III型高脂血症」と診断されました。

生活習慣とは関係なく、遺伝的に脂質異常症になりやすい体質だったのです。

最初に診ていただいた医師以外、今まで3人の医師に話を聞きましたが、

「中性脂肪の異常がわかった段階ですぐに治療を始めるべきだった」と言われました。

 

服薬(べザトールSR錠)による治療を始める  

べザトールSR錠200mg

すぐに高脂血症治療剤べザトールSR錠200mgが処方されました。

1日2回、朝夕食後1回1錠服用。

服薬後の中性脂肪は、959⇒278 と基準値外ながらも減少。

主治医には「遺伝性のものなので下がりにくい」と言われたようです。

 

家族性III型高脂血症とは 

家族性Ⅲ型高脂血症は、遺伝性疾患のひとつです。
家族性Ⅲ型高脂血症は、血中のコレステロール高値とトリグリセリド高値の原因となります。
この遺伝性疾患を受け継いだ人は、若年期に動脈硬化(アテローム性動脈硬化症)を発症するリスクが高くなります。
そのほか、心臓発作脳梗塞に対するリスクも高くなります

引用元:http://ja.healthline.com/health/familial-dysbetalipoproteinemia#概要1

女性よりも男性に症状がみられる傾向があり、

また男性は比較的若い年代に発症するようです。

  • 両親のうちのどちらかにこの障害がある場合→子供に50%の確率で遺伝。
  • 両親ともこの障害を持っている場合→子供には75%の確率で遺伝。


ブーさんの親類には、父方母方ともに脳梗塞で倒れた方が複数います。

今年も身内が救急車で運ばれました。

家族性Ⅲ型高脂血症」と診断されている方はいないようですが、

気付いていないだけではないかと推測しています。

 

家族性Ⅲ型高脂血症の症状

家族性Ⅲ型高脂血症の兆候は次の3つ

  1. 血中コレステロールおよび血中トリグリセリド(中性脂肪)高値
  2. 黄色い皮疹
  3. 若年期の動脈硬化

参照元:http://ja.healthline.com/health/familial-dysbetalipoproteinemia#Overview1

1は既に発症。

2は今のところ見当たりません。

問題は3の動脈硬化。 

これについては健康診断ではわからないので、最近検査をしました。

 

2017年 動脈硬化の検査 

身内が脳梗塞で倒れたこともあり、

夫は動脈硬化の検査(CAVI(キャビー)検査)を受けました。

あお向けに寝た状態で両腕・両足首にバンドを巻き、胸にパッドを付けるだけ。

時間は5分程度。

健康保険で受けられるため、3割負担で約1,600円でした。


気になる結果は…

動脈硬化の検査結果

正常です!

40代半ばのブーさん、血管の硬さは30代後半

実年齢よりも若い血管だとは予想外。 

BMIも基準値内でうれしいです。

動脈の詰まりも正常!

動脈の詰まり

玉ねぎと納豆・青魚をよく食べているからかな?

とにかく良かったです。

▼わが家が食べている青魚はこちらです▼

おいしく手軽なので無理なく食べ続けられます。

両親にもプレゼントしました。 

 

早めの受診を

ブーさんは主治医からこんな話を聞きました。

「私の患者さんで中性脂肪が1000を超えているのは、あなたで2人目。」

「もう1人は急に倒れて死んじゃったよ。」

中性脂肪の値がとても高いときは、どうか早めに受診して下さい。

「家族性Ⅲ型高脂血症」は遺伝性疾患なので、

一生付き合っていかなければなりません。

ストレスをためないよう工夫をしながら、日々気をつけていこうと思います。

▼夫はこちらのサプリメントを飲み続けています。これで血管が若いのかな?

▼ヨーグルト風味のドリンクで、魚が苦手な人もEPAとDHAが手軽にとれます。

【中性脂肪が気になる方に】ニッスイのトクホ、イマークS