ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

税金をお得に払うなら nanacoカードと楽天カードJCB

 

f:id:bu_kirin:20170419105929j:plain

今まで通り「nanaco」で税金をお得に払うため「楽天カードJCB」を作りました。 

  

昨年までは「リクルートカードプラス」と「nanaco」を使って、
税金をお得に支払っていたわが家。

f:id:bu_kirin:20170419110015j:plain
リクルートカードプラスは年会費2160円、還元率2.0%。

2016年9月から、電子マネーチャージ分はポイント加算対象外になってしまいました。

 

目次

 

昨年までのお得なnanacoの使い方 

以下の流れで税金をお得に支払い、温泉好きなわが家は「旅費節約」していました。

リクルートカードプラスからnanacoへチャージ(2.0%のポイント還元)
 ↓ 
セブンイレブンでnanacoカードにて税金支払い(nanacoポイントは付かない)
 ↓
還元されたリクルートポイントを使い、じゃらんnetで温泉宿に安く泊まる。 

今年からはこの方法が使えません。

さぁ、どうしよう。

 

リクルートカードと楽天カード

わが家は解決策として

  1. リクルートカードを作る
  2. 楽天カードを作る

まず、この2つを考えました。

nanacoへのチャージでポイント加算されるクレジットカードは他にもあります。

わが家はポイントを旅費の節約に使うため、

  1. じゃらんnetでポイントが使えるリクルートカード
  2. 楽天トラベルでポイントが使える楽天カード

この2つに絞りましたが、どちらにしよう。

 

リクルートカードと楽天カードの違い

  • リクルートカード:年会費無料・還元率1.2%(じゃらん3.2%)
  • 楽天カード:年会費無料・還元率1%(楽天市場4%、楽天トラベル2%)

楽天市場はたまにしか利用しないので、リクルートカードを作ろうと思いました。

しかし、よく行く温泉宿が「じゃらんnet」で予約できない事態が発生

これは困る。

楽天トラベルなら予約ができるようなので、楽天カードに決定。

  • 普段の買い物はリクルートカードプラス
  • 税金の支払いは楽天カード

 

今年からは旅費節約のため、2種類のクレジットカードを使いわけます。

 

楽天カードと楽天銀行カード

楽天カードを作ろうとネット上で手続きを進めていたら、
最後の最後でそれが「楽天銀行カード」の手続きだと気付きました。

楽天カードと楽天銀行カードって違うの?どうなの?

楽天カードと楽天銀行カードの違い 

<国際ブランド>

  • 楽天カード:JCB、VISA、MasterCard
  • 楽天銀行カード:JCB

 

<nanacoへのチャージ>

  • 楽天カード:JCBのみポイント加算対象
  • 楽天銀行カード:ポイント加算対象


<引き落としに使える銀行>

  • 楽天カード:多くの銀行などで引き落とし可能
  • 楽天銀行カード:楽天銀行のみ


<利用限度額>

  • 楽天カード:最高300万円
  • 楽天銀行カード:最高100万円


この他、

楽天カードのみ、楽天Edy・楽天ポイントと一体型機能を選択可能。
楽天銀行カードは楽天銀行のキャッシュカードとクレジットカードの一体型。

わが家は、引き落とし口座を楽天銀行にしたくないので楽天カードを選択。

もう一度最初から手続きをやり直しました・・・

 

楽天カードはJCB! 

楽天カードは国際ブランドが、JCB・VISA・MasterCardと3種類あります。

nanacoカードへのチャージでポイントが付与されるのはJCBだけ

いくらかわいくても「お買いものパンダデザイン」のカードは選ばない。

「お買いものパンダデザイン」はMasterCard限定です。

このパンダ、夫のブーさんと似てるのにな。残念。

作るならこちら。 

右下にJCBのマークのあるものを選びましょう。

 

nanacoの登録をリクルートカードプラスから楽天カードJCBへ変更

楽天カードを作っただけでは、楽天カードからnanacoカードへチャージできません。

初めてnanacoのクレジットチャージを利用する場合や登録カードを変更する場合は、
クレジットカードの事前登録が必要です。

 

クレジットカード事前登録の注意点

1、登録できるクレジットカードは「本人認証サービスに登録済み」のもの。

f:id:bu_kirin:20170418152950j:plain


2、1枚のクレジットカードから1枚のnanacoカードと1台のnanacoモバイルに事前登録が可能。

3、nanacoカードは入会から10日後にクレジットカードの事前登録が可能となる。

4、店舗ではクレジットカードの事前登録の申し込みは受け付けていない。

 

まずは、楽天カードの「本人認証サービス」への登録から始めます。

1、楽天e-NAVIから「本人認証サービス」に登録

↓楽天カード:本人認証サービス

https://www.rakuten-card.co.jp/service/3d-secure/

上記のリンクから移動すると、このような画像が表示されます。

f:id:bu_kirin:20170418163700j:plain


ページの下の方に「本人認証サービスを登録する」という赤いボタンがあります。

これをクリック。

f:id:bu_kirin:20170418163903j:plain


指示に従って「本人認証パスワード」を設定します。

f:id:bu_kirin:20170419124805j:plain

 

2、nanacoの登録クレジットカードを変更する

会員メニューにログイン後、「 nanacoクレジットチャージ」を選択。

f:id:bu_kirin:20170418165407j:plain

 
ページの下の方にある「登録クレジットカード変更・更新」を選択します。

f:id:bu_kirin:20170418165623j:plain

 

空欄に必要事項を入力します。

f:id:bu_kirin:20170418170156j:plain

 

内容を確認し「変更する」ボタンをクリック。

f:id:bu_kirin:20170418170436j:plain

 

こちらに、先程「楽天e-NAVI」で設定した「本人認証パスワード」を入力します。

f:id:bu_kirin:20170418185849j:plain

 

これで登録クレジットカードが変更されました。

f:id:bu_kirin:20170418190033j:plain

 

nanacoカードへのチャージと利用方法 

ネット上の操作でクレジットカードからnanacoカードにチャージできますが、
nanacoカードで支払いを行う前に「残高確認」が必要です。


わが家は
「自宅のパソコンでクレジットチャージ申し込み」
 ↓
「セブンイレブンのセブン銀行ATMでnanacoカードの残高確認」
 ↓

「セブンイレブンのレジでnanacoカードから税金を支払う」

このような流れで利用しています。


詳しくは下記の公式サイトをご覧下さい。

チャージ金額のお申し込み・お受け取り|クレジットカードからチャージ(入金)|電子マネー nanaco 【公式サイト】

 

クレジットチャージの注意点

  • クレジットカードの事前登録後、24時間経過後からチャージ金額の申し込みが可能。
  • 1枚のカードにチャージできる上限額は、50,000円。
  • 1回のチャージ可能額は5,000円以上1,000円単位で29,000円まで。
  • 利用金額は、1ヶ月20万円まで。
  • 利用回数は、1ヶ月15回・1日3回まで。


固定資産税など高額な税金の支払いのため、
nanacoカードを2枚以上準備されている方もいらっしゃるようです。

 

詳しくは下記の公式サイトをご覧下さい。 

クレジットカードからチャージ(入金)|電子マネー nanaco 【公式サイト】

 

最後に

私は次の3つを知らなかったので、とても苦労しました。

  1. 3種類の楽天カードのうち「JCB」を選ばないとダメ。
  2. クレジットカード変更の前に「本人認証サービス」に登録しないとダメ。
  3. 楽天カードJCBなのに、本人認証サービスは「JCB」ではなく「楽天」。

落とし穴が多く、ゴールまでたどりつけるのか不安でしたし、
何度も心が折れそうになりました。

この記事が誰かのお役に立てることを、心から祈っています。

まずは、楽天カードJCBの申し込みから!

手間が掛かりますが、がんばって下さい 。