ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

倉庫暮らしの照明 寝室

f:id:bu_kirin:20170430104511j:plain

新旧入り混じった寝室の照明。

 

わが家はプレハブ倉庫の2階。
寝室は2階の中央にあります。

f:id:bu_kirin:20170430104534j:plain


寝室の天井にある丸いシーリングライトは、私がここに住み始めた時に買ったもの。

f:id:bu_kirin:20170430104557j:plain

鉄骨の梁に針金でグルグルっと、夫のブーさんが取り付けてくれました。

引越しの次の日、夫婦2人でホームセンターへ。
それまでに用意出来なかったものを色々買った、そのうちの1つがシーリングライト。

当時、これからブーさんと2人の生活が始まるのだと、私はワクワクしていました。
家族などは私の心身の弱さを知っているので大変心配をしていましたが、
私の心に不安は皆無。

「ブーさんが一緒ならば大丈夫」

この人は絶対に裏切らない、心の底からそう思えたから。

脚立に上ってシーリングライトを取り付けるブーさんは、とても頼もしく見えました。

 

私が引っ越して来る前は、長い蛍光灯の照明器具のみ。

f:id:bu_kirin:20170430104900j:plain

現在は作業をする時など、
シーリングライトだけでは暗い時に一部だけ使用しています。


私のベッドの真上にある照明器具は、ブーさんが心配して外してくれました。
そしてベランダへ。

f:id:bu_kirin:20170430105239j:plain

「地震で揺れて外れたら、寝てるきりんの頭を直撃だからね」とブーさん。
優しさをありがとう。

でも、ベランダの照明器具はこのままでいいのかな?
あまりうるさく言うとブーさんが可哀想なので、私は静観。

適当なのがブーさん流。
いつかどうにかするのでしょう。

ベランダの照明器具よりも大切なのは、毎日笑って過ごすこと。