ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

刺激たっぷり 湯西川ダム見学

f:id:bu_kirin:20170501110650j:plain

ダム見学はこれで2回目。
今回もダムに関する様々なことを学びました。

 
今年3月、栃木県日光市の五十里ダムを見学。

今回は五十里ダムの上流にある、湯西川ダムを見学。

 

湯西川ダム 

f:id:bu_kirin:20170501111346j:plain

湯西川ダムは鬼怒川・利根川下流域の水需要に応えると共に、
流域を洪水の被害から守るため、
鬼怒川上流ダム群の4番目のダムとして建設されました。

湯西川ダム | 鬼怒川ダム統合管理事務所 | 国土交通省 関東地方整備局

f:id:bu_kirin:20170501113141j:plain

 

堤高119.0mの重力式コンクリートダム。

2012年3月に完成した、鬼怒川上流ダム群の中では最も新しいダムです。

f:id:bu_kirin:20170501111413j:plain

五十里ダムに比べて、上辺にある通路(天端)がとても広く感じます。


中央付近の左右に2つの建物。
左・上流側にある建物は「選択取水設備操作棟」

f:id:bu_kirin:20170501113646j:plain

湯西川ダムの選択取水設備は「連続サイフォン式」という形式。
ダム湖から取水する際の水深を任意に選択できる機能を備えている設備です。

(「連続サイフォン式」については後述いたします。)

右・下流側の建物は「ダム管理用EV棟」

f:id:bu_kirin:20170501114548j:plain

私もいつかダムの中を見てみたいな。

ダム湖の名前は「湯西川湖」

f:id:bu_kirin:20170501115643j:plain

ダムは標高600m以上の場所にあり気温が低いため、
5月だというのに周囲は冬枯れの色。

下流側をのぞき込むと・・・高い。

f:id:bu_kirin:20170501124035j:plain

足の爪が浮くような恐怖感。

下の方では「ドオオオオーン」と物凄い勢いで水が放流されています。

見渡す限り山・山・山。

f:id:bu_kirin:20170501124517j:plain

この流れの先に、五十里ダムがあるのか。

湯西川ダム資料室へ 

f:id:bu_kirin:20170501124858j:plain

入場無料です。

湯西川ダムの一般解放期間:4月1日~11月30日
公開時間:平日・土日祝日8時30分~17時15分

建物の中は資料がいっぱい。

f:id:bu_kirin:20170501125315j:plain

興味深い資料が多くあり、夫婦2人でじっくりと見学しました。

 

私が最も気になった資料は「連続サイフォン式選択取水設備」

f:id:bu_kirin:20170501130712j:plain

ダムの上流側にある建物「選択取水設備操作棟」の内部設備。

「連続サイフォン式選択取水設備」は、
従来型式のような鋼製ゲートや開閉装置を必要としない新技術。

 

逆V字管を連続して配置し、空気により止水を行う新しいタイプの選択取水設備です。

f:id:bu_kirin:20170501131106j:plain

「空気による止水」
「構造が簡易」
「汎用性の高い工業部品を多用できる」

新しくて簡単、そしてコスト縮減が可能。
なんてクールでかっこいいんだ。

連続サイフォン式取水設備|株式会社丸島アクアシステム

連続サイフォン式取水設備~低コストでメンテナンスフリーの取水設備~|八千代エンジニヤリング株式会社|yec


調べれば調べるほど、もっと知りたいと感じます。
「選択取水設備操作棟」の中に入ってみたい。

 

夫のブーさんが一番思い出深かったのは、この資料。

f:id:bu_kirin:20170501133845j:plain

写真に写っている場所の発破作業と思われる日、偶然に湯西川を訪れていたそうです。

ブーさんは「発破する瞬間を遠くからでも見たいな」と思い
近くにいた警備員か作業員と思われる方に声をかけたところ、大変怒られたとか。
それはそうだ。

「発破を見たかったなー」と残念そうに資料を見るブーさん。
その気持ちはわかるけれど、危険なところに入ってはダメですよ。

 

ダム湖探検 湯西川ダックツアー

f:id:bu_kirin:20170501140338j:plain

ダムからの帰り道、道の駅・湯西川で
「湯西川ダックツアー」の水陸両用バスに出会いました。

国産初の水陸両用バスに乗って、大自然に囲まれた湯西川ダム、ダム湖、ダム堤体内を見学・体験してみよう。
時には、ダム湖見学時に野生の鹿や猿・優雅に飛び回る猛禽類に出会えることも。

http://www.nikko-kankou.org/spot/492/より引用

水陸両用バスでダム湖を見学できるだけでなく、ダム内部の見学もできる!

湯西川 ダックツアー|コースのご紹介|水陸両用バスで名所を巡る新感覚バスツアー!ダックツアー

これは体験したい。
ブーさんと「いつか絶対あのバスに乗ろうね」と約束しました。

やっぱりダムって面白い。