ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

【実家のDIY】 軒天のすき間をふさぐ

f:id:bu_kirin:20170502165942j:plain

帰省早々、屋根の上で手伝い。

 

実家の2階の軒天(のきてん)に、すき間ができていました。

f:id:bu_kirin:20170502170414j:plain


簡単な図にすると、こんな感じです。

f:id:bu_kirin:20170502180337j:plain 

すき間の大きさは最大3cm。

鳥やコウモリなどが入り込む前にふさがなければ。


脚立にのぼってすき間の詳細を確認し、
まずは市販の金具を加工してふさぐことにしました。

真っ直ぐな金具(曲板200mm)をL字に加工。

f:id:bu_kirin:20170502171054j:plain

1枚目で「軒天の板を引っぱって閉じる」
2枚目で「軒天の板を固定」

f:id:bu_kirin:20170502190902j:plain

家族の頭の中には作業内容と完成のイメージが完全にできていたようですが、
私にはあまり理解ができないまま手伝っていました。

 

その他、使用したもの。

f:id:bu_kirin:20170502180811j:plain

上からタッピングビス、ラチェットドライバー、プライヤー 。

私はラチェットが大好きです。


シーリング材も最後に使いました。

f:id:bu_kirin:20170502181736j:plain

シリコン系のシーリング材は塗料をはじいてしまうので、
今回は1成分形ウレタン系シーリング材を選びました。

1成分形とは、空気中(湿気や酸素、乾燥)で自然と硬化していくタイプです。


参照:
シーリング材|シーリング(防水)工事|セメダイン株式会社
    シーリング材の種類と特徴


1階の屋根の上へ。

f:id:bu_kirin:20170502184640j:plain

脚立とコーキングガン、そして軍手も使いました。

 

脚立には「角フレーム脚立専用の伸縮補助脚」を装着。

f:id:bu_kirin:20170502185720j:plain

脚立だけでは届かない高所でも「伸縮補助脚」があれば大丈夫。
また、斜めになっている屋根の上でも安全に作業できます。

わが家の「伸縮補助脚」はこちら。

軽いアルミ製もあります。 

 

シーリング中。

f:id:bu_kirin:20170502190713j:plain

2枚の金具を使って軒天の板を固定し、すき間をシーリング材で完全にふさぎました。

 

今回はここまで。

f:id:bu_kirin:20170502191422j:plain

今後の作業予定は、次のどちらか。

  • 金具を短く切ってから塗装。
  • このまま塗装して目立たなくする。


とりあえず、軒天にすき間がなくなり一安心。

色々と勉強になりました。