読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

晴れた休日に倉庫で思う 本当に大切なもの

f:id:bu_kirin:20170518130738j:plain

ある晴れた日、仕事が急に休みになりました。

 
休めるのは私だけ。
夫のブーさんは朝早くからお仕事中。


私たち夫婦は倉庫で働き、暮らしています。
倉庫から半径100m以内に建物はなく、
今の時期は小鳥のさえずりがよく聞こえます。


朝、寝室の窓を開けたら、さわやかな風が倉庫の2階に入ってきました。

風と青空に励まされ、後回しにしていたダウンの上着を3着手洗い。
そのほか、仕事のある日にはなかなかできない手間のかかる家事を片付けました。

 

久しぶりに倉庫のまわりをのんびり散歩。

f:id:bu_kirin:20170518140449j:plain

いつの間にか緑が大きく成長し、まるでジャングル。


初めてこの倉庫に来たのも今ぐらいの時期でした。

鬱蒼と茂る草木、デコボコな未舗装の道。
この先に本当にブーさんが住む倉庫があるのかと、助手席で不安になる私。

ブーさんを信じて倉庫に引っ越し、私の生き方は大きく変わりました。

「社会に出て功績を残す」という若いころ夢見た人生は歩めませんでした。
しかしブーさんと二人で笑い、毎日幸福感に包まれています。

自分にとって本当に大切なものとは何か。
倉庫で暮らし、見つかりました。