ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

露天風呂で心と体をリセットする

f:id:bu_kirin:20170603190609j:plain

景色の良い露天風呂で、私たち夫婦は生き返ります。

 
夫のブーさんが何より好きなのは「絶景露天風呂」。
いい景色を眺めながら露天風呂に入るのが生きがい。

30代のうちの2年間は、給料のほとんどを温泉につぎ込んだそうです。

f:id:bu_kirin:20170603192941j:plain

温泉宿に泊まると、寝る間を惜しんで露天風呂に入るブーさん。

「部屋はいらないから露天風呂で寝ていたい」
タオルを首にかけたブーさんは、頭から湯気を出してうれしそう。

 

私が今のように露天風呂が好きになったのは、ブーさんと出会ってから。

療養中に連れて行ってもらった新緑の絶景露天。
「生きてて良かった」と心から思えたその時から、露天風呂は特別な場所。

露天風呂に入ると心と体にたまったオリが消え、幸福感で満たされます。

 

f:id:bu_kirin:20170603195713j:plain


露天風呂が大好きでも、ブーさんのような長風呂は体力的に無理。

川のせせらぎと虫の音を聞きながら、部屋でひとり静かに本を読みます。
贅沢な時間。


f:id:bu_kirin:20170604124146j:plain

温泉街を流れる川に、光のボールが放流されていました。
深山の闇に七色の光が流れていきます。

「寒いね」

美しい光に夢中になって冷えた体。
ぬるめ適温の露天風呂が、より一層気持ちの良い夜です。