ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

望む!カメの恩返し 

雨に濡れるベランダの植物

人里離れたあるところに、
倉庫に暮らすブーさんとキリンという夫婦がおりました。

 
ある日、倉庫の1階で仕事を終えたブーさんがやれやれと外に出ると、
集まって何かをしている4匹のアライグマ。

不思議に思ったブーさんはアライグマを追い払いました。
そして4匹が集まっていた場所を見ると、そこには大きなカメが1匹。

アライグマが寄ってたかってカメをいじめていたのです。


「かわいそうに」


ブーさんはアライグマが戻ってきたら大変と、
少しの時間カメを倉庫で守ってあげることにしました。

逃げてまたいじめられないようにと、カメを段ボール箱の中へ。


「そうだ!2階で夕食を作っているキリンに、カメの画像を送ってあげよう」

ブーさんはLINEで妻のキリンに

「カメがいます」

カメとたばこ


画像を送ったのに、料理中のキリンは気付きません。


そろそろカメを自由にしてあげたいブーさん。
2階のドアを開け「カメがいるよー」と大きな声でキリンに教えます。


「どうしたのー?」と玄関に急ぐキリン。

「下に大きなカメがいるんだよ」

キリンはスマートフォンを持って1階に下りました。


「わぁ!ほんとに大きい!」

ブーさんに保護されたカメ

キリンはカメの大きさと存在感にビックリ。


おそるおそる顔をのぞき込むと

カメの顔

あれ?ちょっと迷惑そう?

 

それからブーさんとキリンは、
アライグマがいないかキョロキョロしながら近くの川へ。

「これからは気を付けるんだよ」

そう言ってカメを川の中に放してあげました。


水の中に消えていった大きなカメ。
今も元気にしているでしょうか。


「オレに恩返ししに来てくれないかなー」

「竜宮城に招待されても、ブーさんはゴボゴボゴボって溺れちゃうね」

そんなことを言って大笑いする倉庫のふたり。
今日も楽しく静かに時が過ぎていくのでした。


おしまい