ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

現代アートな思春期

f:id:bu_kirin:20170628094101j:plain

甥は中二病が始まったらしく、私はワクワクしています。

 
マイペースな10代の甥。
夫のブーさんと顔も性格も似ている心優しい男の子です。

その甥がついに中二病を発病。
甥らしい中二病に私はうれしくなってしまいました。


最近の甥は何かにつけて「現代アート」。

姪の鉛筆をカッターで削ってあげる時も「これさ、現代アート風に削っていい?」
どうするのかと思ったら、必要以上に長く鋭く削り上げました。


甥は「現代アート=常識にとらわれないカッコいいこと」
そんな風に理解しているようです。

f:id:bu_kirin:20170627211247j:plain

 

私も若い頃は現代アート・現代舞踊にはまっていました。
だから、甥の「中二病現代アート」は大歓迎。


もっと深みにはまって面白いことをやりださないかなぁ、と密かに思っています。


「ジャクソン・ポロック最高!」とアクションペインティングをやりだす。

「フォンタナの空間概念が・・・」とつぶやきキャンバスを切り裂く。

「山海塾の世界観がね」と白塗りで踊りだす。



20年前の記憶をもとに想像するのはこんなこと。
今、10代の甥が見ている現代アートの世界はどんな感じかな。


傍から見てる分には思春期は面白い。
子供らしいおかしなことを言わなくなった代わりに、
思春期特有なことを言って尖りだす。


どんとこい思春期!
これからの甥の変化が楽しみです。