ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

生ブルーベリーは都会の味

f:id:bu_kirin:20170704191505j:plain

生のブルーベリーを食べ、思い出すのは学生時代。

 
私は幼い頃から引越しを繰り返しています。

いま住んでいる倉庫の2階は9つ目の自宅。

 

学生時代は都会で1人暮らしをしていました。

1人暮らしは4回目の引越し。

それまで住んだ4つの自宅はすべて自然あふれる田舎。

都会暮らしは新鮮で刺激が多くありました。



生のブルーベリーを初めて食べたのは学生時代。

都会で生まれ育った同級生の家に遊びに行った時。


子供のころ、私のまわりではブルーベリーは身近なフルーツではありませんでした。

いただきもののジャムの詰め合わせで見るくらい。

「ブルーベリーはジャムで食べるもの」

何となくそう思い込んでいました。


同級生の部屋で初めて見た生のブルーベリー。

「このまま食べられるの?」思わず聞いてしまいました。

おそるおそる口に入れると、ジャムのブルーベリーにはない酸味。

ブドウとも違う食感。

それまで食べたどのフルーツにも似ていません。


「都会ってすごい」

田舎娘だった私は、生のブルーベリーにカルチャーショックを受けました。

f:id:bu_kirin:20170705130633j:plain

あれから20年以上が経ち、近所でブルーベリーの木を見るようになりました。

生のブルーベリーを食べる機会も増え、
旬の時期はヨーグルトにのせて朝食に食べています。

身近になっても生のブルーベリーは都会の味。

キラキラと輝く少しの贅沢気分を味わいます。