ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

デートで牛丼 そして結婚

笑いあうブーさんと瀬高きりん

夫のブーさんと牛丼を食べたとき、「結婚したら毎日幸せだろうな」と感じました。

 
私は若い頃から牛丼があまり好きになれず、それまでお店で食べたのは数えるほど。

飲み会のあとに誘われて牛丼屋さんへ行っても、1人で豚汁を頼むこともありました。

 

ブーさんは牛丼が好き。

それでもデートで牛丼屋さんに入ることはありませんでした。

 

付き合い始めて1年くらい過ぎた頃、
ドライブ中、2人ともとてもおなかが空いてしまいました。

目の前に見えてきた牛丼屋さん。

「牛丼でもいい?」

「うん、いいよ。おなかペコペコー」


めずらしく食欲全開の私は、ブーさんと一緒に牛丼を食べることにしました。

見慣れないメニューを隅々まで見ると、辛い物好きには見逃せないキムチ。

でも、デート中だし。


悩んでいるとブーさんが一言。

「食べたい物を食べよう。オレも一緒にキムチを食べるから大丈夫。」

ブーさんの優しさにホッと安心して、牛丼と一緒にキムチを注文しました。

 

 「おいしいね」

2人でパクパクと牛丼を食べ、くだらないことを言って笑っていると、
野の花を見つけたような小さな幸せを感じました。


ブーさんと一緒なら、気を張らずに毎日穏やかに過ごせそう。


その時感じたことは当たっていました。

結婚して5年以上たちますが、ケンカらしいケンカをしたこともなく
毎日笑いあって暮らしています。


あの時入った牛丼屋さんの前を通るたび、
少し緊張しながら幸せを感じた牛丼を、今も思い出します。