ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

夜の散歩が好きだった

夜の川と橋

都会でひとり暮らしをしていた学生時代。

時々、夜にひとりで歩いていました。

 

大学が閉まるギリギリの時間まで粘り、アパートまで1時間歩く帰り道。

橋の上から漆黒の川を見下ろし、どうしようもない瑣末な出来事を川に流します。

 

飲み会の帰り、暗闇の冷たい空気を吸いながら歩く。

夜中、アパートを飛び出してひたすら歩く。

1人で歩いていると、頭の中に散乱していた物事が闇夜に吸い込まれ、
ざわめきが少しずつ静まっていきます。

 

街灯が照らす人影のない住宅街。

水を打ったようにしんと静まる空気。

その中を1人歩いていると、生き返っていくような気がしました。

そして安堵感とともに訪れる眠気。

 

配達前の作業で慌しい新聞販売店。

バイクの音。

少しずつ鼓動が速くなる街。

 

私は川の小石のように、布団へと転がり落ちていくのでした。