ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

冷蔵庫ドアスイッチの不具合を家にあるもので直しました

f:id:bu_kirin:20170817110227j:plain

最近「ピーピーピー」とドアアラームが約15分おきに鳴る実家の冷蔵庫。

ちょっとした工夫でお金をかけずに直すことができました。

 

実家の冷蔵庫は6年前に買った三菱製。

扉の開けっ放しを防止するためドアアラームがついていますが、

ドアをぴったり閉めても頻繁にアラームが鳴り、両親は困っていました


三菱電機に問い合わせてみましたが、
同じような不具合は報告されていないとのこと。

約20年前、短期間でしたが家電を扱うアルバイトをしていたので、
当時のことを思い出しながら実家の冷蔵庫を見てみました。


まず探したのはドアスイッチ

f:id:bu_kirin:20170817112540j:plain

冷蔵庫内の上部、ドアの近くに丸いスイッチがありました。

指で押すと庫内照明が消え、スイッチ自体に不具合は感じられません。

 

ドアアラームにもこのスイッチが使われていると推測したのだけど、
間違いだったかな。

 

とりあえず、スイッチを押すドア部分を確認してみました。

f:id:bu_kirin:20170817114217j:plain

ドアを閉めると、赤枠で囲んだ部分で丸いドアスイッチを押すように作られています。

触るとほんのわずかな凹みがありました

もしかしたらこの凹みのせいで、ドアスイッチの反応が鈍くなったのかも。

 

父にドアスイッチと凹みについて説明し、

ある程度の硬さがあるものを貼り付けたら直るかもしれない」と提案すると、

養生テープに薬のシートを貼り付けたものを用意してくれました。

f:id:bu_kirin:20170817115331j:plain

父が飲んでいる抗生物質のシートの端を利用。 

 

スイッチを押す部分の凹みの上に貼り付けました。

f:id:bu_kirin:20170817120531j:plain

 

半信半疑でしたが、
冷蔵庫のドアを閉めて30分経っても1時間経っても「ピーピーピー」と鳴りません。

たったこれだけでドアスイッチの不具合が直りました。


両親はとても喜び「やっぱり抗生物質は効くなー」と大笑い。

離れて暮らす両親の役に立てて、とても嬉しく思いました。