ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

お金の不安があるのならFPの勉強がおすすめ

FPの勉強で使用したテキスト(2級・3級)と合格証書

税金・保険・年金・医療費・相続など、生きていく上でお金の不安はつきもの。

 
昨日、お金に関する記事を読んでいて、以前の自分を思い出しました。 

普通の人がお金のことについて勉強しておくべきこと - ゆとりずむ

 

2年前までの私は、税金も年金も きちんと支払ってはいるけれど
何もわからずブラックボックス状態。

頭の中にモヤモヤとした疑問と不安をかかえて生活していました。

 

数年前、ドラッグストアに置いてあるチラシで偶然知ったFP資格

FP(ファイナンシャルプランナー)になるための学習内容には、

住宅ローン・年金・保険・税金・金融商品・不動産・相続などの

お金にまつわる幅広い知識が含まれる と書かれていました。


「FPの勉強をすれば、お金の疑問と不安がなくなるのでは?」

そんなことを考え、昨年2016年の春、FP3級の勉強を始めました。

 

FP3級のテキスト・問題集


FP3級の資格は、2択と3択の問題で60%以上の点数が取れれば合格できます。

1週間の勉強で合格される方もいるので、さほど難しい資格ではありません。

そこで私はゴールをFP3級合格ではなく、
「お金の知識を身につけること」として夢中で勉強しました。

結果90%以上の得点で合格し、その後FP2級も1回で合格。

FPの勉強で得た知識でモヤモヤとした不安は随分なくなり、
以前と比べてお金に関するストレスが減りました。

 

 

私はFP資格で仕事をしていませんが、
お盆の帰省中、母の友人から保険について相談をされました。

69歳のその方はご主人と年金暮らし。

「年金の中から毎月6万円の医療保険と生命保険の保険料を支払っているけれど、
正直支払いがつらいしどうしたらいいのだろう」とのことでした。


そこで私は 高額療養費制度の自己負担限度額と高齢者医療制度 について説明しました。

「制度があることは何となく知っていたけど、詳しい自己負担額は知らなかったわ」と
驚かれた様子。

これで安心して保険を減らせると笑顔で帰られました。

参考:高齢者医療制度について教えてください − 健康保険Q&A【保険マンモス】

 

FPの勉強でお金の不安がすべて解消される訳ではありませんが、
私は安心を得られました。

そして、その安心は自分だけではなく
周囲の人々に良い影響を与えているように感じます。

自分のため家族のために、お金の勉強をしてみませんか。


私は今でもお金に関して疑問を持つと、FPのテキストを開きます。