ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

療養中に見た忘れられない夢 

夢の中の森

20代から30代にかけて、私は10年間療養生活を送っていました。

 

大学院を中退し、日に何度も薬を飲み、ベッドで横になる日々。

そんな療養生活の初めのころに見た夢が、今も心に残っています。

 

夢の中で私は、必死に何かから逃げていました。

森の中の道なき道。

穿いているスカートも泥だらけ。

必死にただひたすら草木をかき分けて逃げていました。

 

森の中を必死に逃げる

 
私を追っているものが間近に迫ってきました。

醜いたくさんの小人たち。 

ニタニタと笑いながら大勢の小人たちが私に向かってきます。

「もうダメだ」

そう思ったとき、地面にあいた小さな穴に私は落ちました。

 

最初は物凄いスピードで落ちていましたが、次第にゆっくりになり、

落ちている縦穴が広くなっていきます。

ゆっくり落ちながら辺りを見回すと、穴の壁はネズミ色の石。

地上の騒々しさとは違い、音もなくシンと静まり返った穴の中。

 

夢で見た穴の底

 
しばらく落ちていると穴の底が見えてきました。

石畳の上に置かれた古い木製のテーブルと椅子。

椅子はテーブルをはさんで2脚置かれていました。

 

私はゆっくりと椅子に座るように着地。

テーブルの向かいには1人の大人の男性。

私を見ると静かに微笑み

「大丈夫ですよ」

 

そこで突然、夢は終わりました。

 

森の中のテーブル

 
その夢を見たころ

理想の自分とは大きくかけ離れた「病気の自分」を受け入れられず、

私はとても苦しんでいました。

時には病に倒れた自分を責め、

「これが現実ならば死んでしまった方がいい」と考えていた記憶があります。

 

倉庫暮らし

 
病気が落ち着き、結婚して2年ほど経ったとき、

今の生活はあの穴の中のようだと思いました。


世間の騒々しさから離れた倉庫のわが家。

聞こえるのは雨と風の音、鳥と虫の声。

そして、夫のブーさんはいつも ありのままの私を受け入れてくれ、

「大丈夫だよ」と安心感を与えてくれます。 

 

ふと、療養中の自分に声をかけたくなりました。

「静かで穏やかな生活と優しいパートナーが待っているから、死なないで」


あの夢は、未来の自分からのメッセージだったのかもしれません。