ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

【Tシャツリメイク】ワッチキャップの作り方

Tシャツで作ったワッチキャップ

Tシャツを使った「ワッチキャップの作り方」をご紹介します。

 

夫のブーさんは頭皮がデリケートで、気温が下がると頭が痛くなります。

その上、敏感肌。

綿100%の帽子でないとかゆくなります。

 

そんなブーさんの自宅用帽子は、着なくなったTシャツやキャミソールで私が手作り

私が使っている型紙と一緒に、作り方を書いていきます。

こちらのサイトの作り方を参考にしています。


ミシンでも手縫いでもOKです。

 

ワッチキャップの型紙

私が使っている型紙はこちら。

ワッチキャップの型紙

チラシやコピー用紙などで簡単に作れます。

私はブーさんの好みに合わせ、頭にぴったりフィットするサイズで作っています

後ろに少したれるような感じにしたいときは、

「15cm」のところを「25cm」まで長くするなど調節して下さい。

 

※イメージ画像
↓ 上の型紙で作ると、仕上がりはこんな感じになります。 

↓ 10cm長くするとこのような仕上がりになります。 

 

ワッチキャップの作り方

1、Tシャツに軽くアイロンをかける。


2、Tシャツのすその部分を利用し、型紙に合わせて切る。

Tシャツを型紙に合わせて切る

すその部分を使うと縫う所が少なくなります。

同じ形のものが2枚できます。

同じ形のものが2枚

形がわかりやすいよう、間に型紙をはさみました。

 

3、中表に折り、縫いしろを1cmとって図の点線部分を縫う。

図の点線部分を縫う

もう1枚も同じように縫います。

私は布を半分に折ったら頭の頂点部分にまち針を打ち、

チャコペンで軽く線を引いてから縫っています。

まち針を打線を引いてから縫う

こんな感じでいつも適当です。

 

4、2枚の布を中表であわせ、まち針を打ってから1cm内側を縫う。

2枚を縫い合わせる

図ではわかりやすいように布をずらして描いていますが、

2枚をピッタリと合わせ、まち針でしっかりと固定してから縫って下さい。

 

5、表に返したら、できあがり。

ワッチキャップのできあがり

 

いつも手縫いで作っています

私はミシンを持っていないので、いつも手縫いです。

なみ縫いで、縫い目は3~4mm。

縫い始めと終わりは返し縫い、2・3目ごとに返し縫いをして強度を高めています。


着なくなったTシャツも、ひと工夫すれば使えるようになります。

肌にやさしい帽子を作ってみませんか。