ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

雨の予感と冬の足音

雨の気配を感じるくもり空

仕事中、窓から空を見ると雨の気配がしました。 

 
空き地に囲まれた倉庫で、私たち夫婦は暮らし、一緒に働いています。

ある日、倉庫の1階で仕事をしていると、

まだ昼間だというのに急に外が暗くなりました。

「そういえば、天気予報は雨だっけ…」

外へ出て、空いっぱいに広がる雲を見上げると、かすかに雨のにおい。

 

電線にとまる小鳥たち

どこからか小鳥のにぎやかな声が聞こえます。

キョロキョロと辺りを見回すと、電線にたくさんの小鳥が並んでいました。

どこからか電線に飛んでくるもの、電線からどこかへ飛び立つもの。

情報交換をしながら、何やらとても忙しそうです。 

 

電線にとまる小鳥たち

2,3分撮影している間に、多くの小鳥が電線から飛び立っていきました。

寝床へ戻ったのでしょうか。

それとも、私が邪魔をしてしまったのでしょうか。

少し申し訳ない気持ちになって、倉庫へと戻りました。

 


次の日。 

雨上がりの青空

一晩中降り続いた雨は上がり、光る青空。

 

冬枯れ色の景色

最近の急な寒さで、倉庫のまわりは一気に冬枯れ色。

朝、寝室のカーテンを開けるたび、植物の様子が違います。

こんもりと生い茂っていたクズの葉も、驚くほど勢いがなくなりました。

 

青空

もう冬なんだな…。

苦手な冬をどうやって楽しく過ごすか、毎年悩んでいます。

この冬は、できるだけ外へ出て空と植物を撮影しようかな。

もっと楽しめるようにカメラが欲しいな。

冬の楽しさは待っていても見つからない、積極的に探さなきゃ。

青空が映る水たまりを飛び越えて、ひとり、散歩へ出掛けました。