ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017 結果発表 わが家の投資に欠かせないランキング

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017 結果発表

投資を始める前からお世話になっている投資信託ランキング、

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 」の最新の投票結果が発表されました。

  

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Yearとは

投資信託について一般投資家の目線でつねに考え、情報を集め、

ブログを書いている投信ブロガーたち。

投資信託の事情通である彼らが支持する投資信託はどれか?

証券会社の宣伝やうたい文句にまどわされず、

自分たちにとって本当によいと思える投資信託を投信ブロガーたちが投票で選び

それを広めることで「自分たちの手でよりよい投資環境を作っていこう!」

というイベントです。

http://www.fundoftheyear.jp/2017/より引用

 

2014年に積立投資を始めるときに、色々なランキングを見ましたが、

きちんと信用できて投資信託(投信)選びの参考にしようと思えたのは

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 」だけでした

今でも投資信託選びの参考にしています。

 

今回初めて、私はこのランキングに参加しました。

2007年に始まったときの参加者は20名。

今回2017年の有効投票人数は198名、有効総ポイントは980です。

(1名の持ち点は5ポイント)


公式サイト → 投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017

 

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017の結果発表

2018年1月13日(土)、きゅりあん(品川区総合区民会館)小ホールで

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year2017の結果発表と表彰式が開催されました。

  

1位  楽天・全世界株式インデックス・ファンド

2位  <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

3位  楽天・全米株式インデックス・ファンド

4位  野村つみたて外国株投信

5位  eMAXIS バランス(8資産均等型)

6位  ひふみ投信

7位  eMAXIS Slim新興国株式インデックス

8位  たわらノーロード先進国株式

9位  バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)

10位  iFree S&P500インデックスファンド

 

11位  セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

12位  ひふみプラス

13位  eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

14位  結い 2101

15位  バンガード・米国高配当株式ETF(VYM)

16位  バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)

17位  セゾン資産形成の達人ファンド

18位  iFree 8資産バランス

19位  三井住友・DCつみたてNISA・全海外株式インデックスファンド

20位  世界経済インデックスファンド

20位  三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド 

 

私が投票した投資信託とその順位

投票した3つの投資信託とその順位は…  

  • 11位 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
  • 8位 たわらノーロード 先進国株式
  • ランキング圏外 ひふみ年金 

以下に、順位についての感想などを書いていきます。 

 

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
https://www.saison-am.co.jp/より

11位のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、

2007年の第1回目からずっとランクインしている投資信託です。

今までの順位は、1位→3位→6位→7位→8位→11位→8位→3位→4位→5位→11位 。

多少上下していますが、この結果は投信ブロガーから支持され続けているからこそ。

投票者数は20名、獲得ポイントは44。


私は2014年にこの投信で投資デビューをしました。

これ1つで世界分散投資ができるので、投資に詳しくない私にぴったり。

11位という今回の順位は少し寂しくもありますが、

老後資金を準備するため、これからも積立投資を続けます。

  • 運用会社:セゾン投信
  • 信託報酬:0.68%±0.03%
  • トータルリターン(1年):11.02%
  • トータルリターン(3年):2.78%
  • 標準偏差(1年):3.36
  • 標準偏差(3年):9.86

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

 

  • 信託報酬:投資信託を保有している間、日々かかる手数料。運用管理費用。
  • トータルリターン:投資信託の総合的な収益額を表した数値。
  • 標準偏差:データのばらつきを表す値。標準偏差が大きいとリスクが大きい。

 

たわらノーロード 先進国株式

たわらノーロード
http://www.am-one.co.jp/pickup/tawara/より

前回2位⇒8位のたわらノーロード 先進国株式

投票者数25名、獲得ポイント49。

楽天証券で1年前に積立投資を始めるとき、

ニッセイ外国株式インデックスファンド(2位)と、どちらにするかとても悩みました。

その後、ニッセイ外国株式インデックスFを話題に上げる方が多いように感じて、

たわら先進国株式は あまり人気がないのかとドキドキ…。

結果発表を見て安心したので、今年もコツコツ継続します。

  • 運用会社:アセットマネジメントOne
  • 信託報酬:0.216%
  • トータルリターン(1年):18.60%
  • トータルリターン(3年):ー
  • 標準偏差(1年):4.94
  • 標準偏差(3年):ー

たわらノーロード 先進国株式

 

ひふみ年金 

ひふみ
https://www.rheos.jp/より

ランク外のひふみ年金

6位ひふみ投信、12位ひふみプラスと同じマザーファンドを通じて運用を行うため、

投資方針や投資銘柄は全く同じです。

この3つの違いは購入方法・買付手数料・信託報酬・各種サービス。 

3つのひふみを比較する | ひふみ投信 |

わが家は昨年9月から個人型確定拠出年金(iDeCo)で購入しはじめました。

「どのようになるのか見ていきたい」という好奇心で少額購入です。

  • 運用会社:レオス・キャピタルワークス
  • 信託報酬:0.82080%
  • トータルリターン(1年):44.64%
  • トータルリターン(3年):ー
  • 標準偏差(1年):5.85
  • 標準偏差(3年):ー

ひふみ年金

 

1位の楽天・全世界株式インデックス・ファンドは「つみたてNISA」で

楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全世界株式))
https://www.rakuten-toushin.co.jp/fund/nav/rivge/より

SBI証券に開設していたNISA口座をつみたてNISAに変更し、

楽天・全世界株式インデックス・ファンドの積立投資を始めました。

上位にランクインすると予想していましたが、うれしい第1位。

投票者数39名、獲得ポイント95。

2017年に設定された楽天・全世界株式インデックス・ファンド。

やっと、あこがれのETF「VT」が投信で買える!とウキウキしています。

  • 運用会社:楽天投信投資顧問
  • 信託報酬:0.2396%
  • トータルリターン(1年):ー
  • トータルリターン(3年):ー
  • 標準偏差(1年):ー
  • 標準偏差(3年):ー

楽天・全世界株式インデックス・ファンド

 

今年も安心してコツコツと

魅力的な投資信託が出てきたり、信託報酬が下げられたりと

毎年うれしいニュースがありすぎて情報を追いきれない私たち。

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」は、

投信の情報を整理・確認するのになくてはならない存在です。

今回のランキングから安心を得られたので、

今年もコツコツと投資信託の積立投資を続けていきます。