ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

花粉症に鼻炎薬A「クニヒロ」 安いけど効く!

花粉症におすすめ鼻炎薬A「クニヒロ」

鼻炎薬A「クニヒロ」は、わが家の常備薬です。

私たちは夫婦そろって花粉症。

夫のブーさんは症状が軽く、私はちょっと重め。 

花粉シーズン中はくしゃみと鼻水が出て、目がかゆくなります。

結婚前、私は病院に通ったり、ちょっと高価な鼻炎薬を飲んでいましたが、

鼻炎薬A「クニヒロ」を飲み始めて 症状・副作用・出費すべてが軽くなりました。

今回は大好きな鼻炎薬A「クニヒロ」についてたっぷりとご紹介します。


スポンサーリンク

 


目次

  

鼻炎薬A「クニヒロ」は安いけど効く 

まとめ買いした鼻炎薬A「クニヒロ」

ブーさんは以前から、花粉症には市販薬の鼻炎薬A「クニヒロ」

結婚後「効くから1回飲んでごらん」と勧められ、半信半疑で飲みはじめたら…

手放せなくなりました。 

安いのにどうしてこんなに効くの!?

鼻も目もラクになります 
 

鼻炎薬A「クニヒロ」の効能・効果

急性鼻炎、アレルギー性鼻炎または副鼻腔炎による諸症状の緩和に効果があります。

具体的な症状は
くしゃみ、鼻みず(鼻汁過多)、鼻づまり、なみだ目、のどの痛み、頭重(頭が重い)。
 

鼻炎薬A「クニヒロ」の成分:1日量(6錠)中 

◆d-クロルフェニラミンマレイン酸塩 6mg

抗ヒスタミン作用により、くしゃみ、鼻水、鼻づまりの症状を抑制。
成人の1日摂取量(6錠)には、OTC医薬品の最大量6㎎が含まれています。

◆ベラドンナ総アルカロイド 0.4mg

粘液の分泌抑制作用により、鼻水、涙目の症状をおさえます。

◆塩酸プソイドエフェドリン 150mg

鼻粘膜の充血をおさえ、鼻づまりの症状によく効きます。

◆無水カフェイン 120mg

頭痛と頭重(頭が重く感じる)をやわらげます。

◆グルチルリチン酸二カリウム 40mg

のど・鼻などの炎症をしずめ、鼻炎症状の改善効果を高めています。
頭重をやわらげる効果もあります。

添加物として、乳糖水和物、ヒドロキシプロピルセルロース、無水ケイ酸、ステアリン酸マグネシウムを含有します。
 

鼻炎薬A「クニヒロ」の用法・用量

1日3回、水またはお湯でかまずに服用してください。

服用の間隔は4時間以上あけてください。

年齢 1回量 1日服用回数
成人(15歳以上) 2錠 3回
7歳以上15歳未満 1錠 3回

7歳未満の乳幼児には服用させないでください。 

詳しくは公式サイトで確認を⇒鼻炎薬 | 皇漢堂製薬株式会社

 

鼻炎薬A「クニヒロ」はデザインも値段もそれぞれ

こちらはカインズの鼻炎薬A「クニヒロ」。1箱48錠入り698円で購入しました。

カインズの鼻炎薬A「クニヒロ」

こちらも同じ鼻炎薬A「クニヒロ」48錠入り。ドラッグストアにて1,002円で購入しました。

鼻炎薬A「クニヒロ」

鼻炎薬A「クニヒロ」はデザインの種類がたくさんあります。

色々なデザインの鼻炎薬A「クニヒロ」

販売している店舗によってデザインが異なるので、見つけづらいのが難点です。 

お店で一番安い鼻炎薬を探すと鼻炎薬A「クニヒロ」である確率が高いです。

価格.comで調べると最安値は398円(税込)。

鼻炎薬A「クニヒロ」価格.comより
出典:価格.com

鼻炎薬人気売れ筋ランキングは 5位。(2018年3月4日現在)

安くよく効くので人気があります。
 

昨年は2人で8箱 

15歳以上は1回2錠、1日3回服用と書いてありますが、

私たちはそんなにたくさん飲まなくても十分効きます。

1日1~6錠をそのときの症状に合わせて。

症状がひどい時は、その都度追加で服用しています。

昨年は 2人で 8箱買いましたが、最後の1箱はほとんど残っています。

春のスギとヒノキの花粉だけでなく、秋にも軽く花粉症になる私。

今年も鼻炎薬A「クニヒロ」が手放せません。

こちらの鼻炎薬「アレルビ」は同じ会社の薬で、価格.com・Amazonランキング1位。 

アレグラFXにも配合されている眠くなりにくい成分<フェキソフェナジン塩酸塩>が配合されています。(アレグラより安い!)

「新レスタミンコーワ軟膏」は花粉による肌荒れ・赤み・かゆみ(花粉症皮膚炎)によく効きます。わが家の常備薬です 

※薬の効き目には個人差がありますのでご了承下さい。