ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

桜と笑顔、そして少しつらいこと。

寝室から見える桜

寝室から見える桜に元気をもらっています。

 
私たち夫婦は空き地に囲まれたプレハブ倉庫で暮らしています。

倉庫の1階で一緒に働き、住まいは2階。

いつも仲良く静かに過ごしています。


倉庫の横には桜の木が10本並んでいます。

数日前に咲き始めたと思ったら、あっという間に満開になりました。


いつもは夫のブーさんとゆっくり桜を楽しみますが、今年は無理そうです。

忙しい日々が続いていて時間に余裕がありません。

その上、ブーさんは体調を崩しがち。


今の仕事を片付けるまでは2人とも倒れるわけにはいかないので、

ブーさんの前ではなるべく明るく笑顔で過ごすようにしています。

「今日もブーさんと一緒で楽しかったよ。ありがとう。」

毎晩そう言って眠りにつきます。

 

でも最近、少しだけつらいことがあります。

咲き始めの桜


実家の親の病気が再発したと知らされました。


私の実家は遠く、気軽に行き来できる距離ではありません。

今すぐどうこうという病状ではないけれど、

不安の中にいる両親のために何もできない自分がもどかしく、

申し訳ない気持ちでいっぱいです。

  

寝室から見える桜

気持ちを整理するためにこの文章を書き始めましたが、相変わらず頭の中はモヤモヤ。

なかなか上手く言葉にできません。

とりあえず目の前にあるやるべきことを一つずつ片付けていくしかないですね。

朝晩、寝室の窓から桜を見て元気をもらい

「大丈夫、がんばろう。」と自分に言い聞かせています。