ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

セルフカットで得られるものは

セルフカットの様子

若いころは何時間もかけて都内の美容室に通ったりもしましたが、今は自分で髪を切っています。

 
夫のブーさんは10年以上前から、週に1回シャワーを浴びるついでにバリカンでセルフカット。

夫のバリカン

その手軽さと気軽さをうらやましく思い、結婚後、私もセルフカットを始めました。

丸刈りのブーさんと比べ、思い通りのミディアムボブにカットするのはちょっと大変。

インターネットでセルフカットを勉強して、こんな感じかな……とチョキチョキ。


そうこうするうちに内臓の病気からくる痛みで長時間じっと座ることができなくなり、美容室は「行かない場所」から「行けない場所」になりました。

髪を自分で切るしかない状況に追い込まれて、本格的に試行錯誤のくりかえし。

手術をして痛みがなくなってもセルフカットを続け、今では気が向いたときにササッと思い通りの髪型にカットしています。


スポンサーリンク

 

 

30分でストレス解消


バタバタ過ごしているうちに前回セルフカットしてから2ヶ月経過。

くせ毛で量の多い私の髪は、悲しいほどボリュームアップしてしまいました。

そこで、長さは変えずに髪をすいてボリュームダウン。 

セルフカットでボリュームダウン

大成功。

カットにかかった時間は30分。

準備と片付けを入れても40分で思い通りのミディアムボブになりました。

髪を洗うのもドライヤーもラクになり、鏡を見てもうんざりしません。

多すぎる髪といっしょにストレスもなくなってウキウキです。

 

ボブで手軽に清潔に 


若いころは流行の髪色に染めたり、数万円かけて縮毛矯正をしたりとそれなりにオシャレを楽しんでいました。 

年を経るとともに髪に対するこだわりを少しずつ手放して、今、髪に求めるのは「清潔感と手軽さ」だけです。

洗うのも整えるのも簡単なミディアムボブは、私のお気に入り。

セルフカットに少し失敗しても簡単にごまかせるので、微調整しながら1年中ミディアムボブにしています。


寒い時期は、少し短めにしてハーフアップ。

ハーフアップ

下ろした髪で首まわりを温めます。


暖かくなると少し長めに。

後ろで1つにまとめる

後ろで1つにまとめて涼しくすごします。


「ショートカットの方がラクよ」と知り合いのおばさまに言われましたが、くせ毛は短いと寝癖がつきやすいので、かえって手間がかかります。

しばらくはミディアムボブで過ごすつもりです。

 

セルフカットで自由になる


髪を自分で自由にできないことに、昔からなんとなく違和感を持っていました。

「爪のように自分で切って自分の好きにしたい」

そんな風に思うこともありました。


セルフカットができるようになって強く感じたのは「自由」。

どこへ引っ越しても自分に合った美容室選びに困ることはなく、いつでもどこでも思い通りの髪型にできます。

これからもセルフカットを続けて腕を磨き、さらに自由を満喫します。