ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

求人広告で知る福島県の変化【震災後のいわき市】

福島県いわき市の求人広告(2018年5月)

2018年のゴールデンウィーク、福島県いわき市へ行きました。

子供のころから数えきれないほど遊びに行っている親戚の家。

そこで見た求人広告に福島県の変化を感じました。

普段、福島の情報を気にしていても、離れた所に住んでいると気付かない現実があります。

記憶はいつか薄れてしまうので、ブログに記録しておきます。


スポンサーリンク

 

 

福島県浜通りといわき市について


福島県は大きく3つの地域に分けられます。 

福島県の3つの地域 浜通り、中通り、会津地方
出典:いくべ福島へ!(ikube福島) - ふくしまの旅[公式]

浜通り(はまどおり)、中通り(なかどおり)、会津地方(あいづちほう)。

いわき市は浜通りの南端に位置しており、茨城県と隣接しています。

面積は東京23区の倍近く1,232 km²と広く、人口は約34万人です。


福島県は東北電力管内ですが、浜通りには東京電力の発電所が 3つあります。

福島県浜通りにある東京電力の発電所

福島第一原子力発電所、福島第二原子力発電所、広野火力発電所。

原発事故後、県外からいわき市へ行かれた方が「いわき市の原発が近くに見える。怖い。」というような発言をTwitterでされていましたが、いわき市に原子力発電所はありません。

勿来(なこそ)火力発電所を見て「原発」と誤解されたようでした。

 

除染から中間貯蔵施設へ

除染作業員の求人広告(2012年8月福島県いわき市)

これは東日本大震災の翌年、2012年8月にいわきの親戚宅で撮影した求人チラシの一部です。

この頃は除染作業員の求人をよく見かけました。

1枚の求人チラシに除染作業員の求人が5社くらい掲載されていたのを覚えています。

 

そして今回、震災から7年2ヶ月後の2018年5月。

中間貯蔵施設関連の求人広告(2018年5月福島県いわき市)

チラシを開いて目に飛び込んできたのは「中間貯蔵施設」に関係する求人でした。 

それも 2つ。

中間貯蔵施設関連の求人広告(2018年5月福島県いわき市)

中間貯蔵施設とは、除染で取り除いた土や放射性物質に汚染された廃棄物を、最終処分をするまでの間、安全に管理・保管するための施設です。

双葉町(ふたばまち)と大熊町(おおくままち)にまたがり、福島第一原子力発電所を取り囲む1600ヘクタールの敷地に建設されるそうです。

中間貯蔵施設の予定地
出典:中間貯蔵施設の概要|中間貯蔵施設情報サイト:環境省

除染から中間貯蔵施設へと計画は確実に進んでいるんですね。


参考:
中間貯蔵施設の概要|中間貯蔵施設情報サイト:環境省
   中間貯蔵施設について|除染情報サイト:環境省

 

うれしい再始動


「本当に?」と目を疑った求人広告がありました。 

Jヴィレッジの求人広告(2018年5月福島県いわき市)

7月28日再始動。これはどこの求人かというと…… 

Jヴィレッジの求人広告(2018年5月福島県いわき市)

Jヴィレッジ! 

Jヴィレッジは1997年に日本初のサッカーナショナルトレーニングセンターとして開設。

W杯サッカー日本代表のトレーニングキャンプをはじめ、各種カテゴリーの大会・合宿等で多くのチームに利用されてきました。

敷地は広野町(ひろのまち)と楢葉町(ならはまち)にまたがっています。

Jヴィレッジの位置

福島第一原子力発電所での事故発生後は、事故対応拠点として2017年3月まで使用されていました。

芝のフィールドはヘリポート・駐車場・除染場・作業スペース・資材保管場所として使われ、アスファルト や砂利が敷かれたところも。

また、第一原発の作業員さんがここで作業服(防護服)に着替えて原発に向かう「中継基地」にもなっていました。

当時、変わり果てたJヴィレッジを見て「もう二度とサッカー場として使われることはないんだ」と悲しくなりました。

2018年7月28日Jヴィレッジ再始動
出典:ナショナルトレーニングセンター Jヴィレッジ

東日本大震災から7年4カ月の時を経て、2018年7月28日(土)から天然芝ピッチ5面と人工芝ピッチ1面が利用可能となり、 2019年4月までに全施設オープン予定。

Jヴィレッジに明るい未来がやってきました!

本当に良かった。 


参考:ナショナルトレーニングセンター Jヴィレッジ


スポンサーリンク

 

 

待ってました!イオンモールいわき小名浜


チラシの大きさに驚きつつ、うれしくなった求人はこちら。

イオンモールいわき小名浜の求人広告(2018年5月福島県いわき市)

2018年6月15日(金)イオンモールいわき小名浜(おなはま)がいよいよOPENします。

「小名浜に大きなイオンができるってうわさなの」と最初に聞いたのは、震災前だったような気がします。

その後、建設予定地は津波浸水、そして原発事故。

小名浜にイオンはできないと諦めていました。

2015年12月1日のいわき経済報には、こんな記事が。

2016年3月1日の開業予定は、大幅に遅れる見通しとなっているが、さらに遅れること必至。

規模縮小、大幅見直しもありうるという。

最終的には、進出断念もありうるが、同市と協定書にサインしているため、同背後地に整地も進み、インフラ整備も順調なことから道義的に白紙には戻せないという。

いわき経済報より引用

紆余曲折の長い長い道のりでしたね……


場所は、体験型水族館のアクアマリンふくしま(小名浜港2号埠頭)と、いわき市観光物産センターいわき・ら・ら・ミュウ(1号埠頭)のすぐ近くです。 

イオンモールいわき小名浜の地図

地上5階建てのイオンモールいわき小名浜は、東日本大震災の経験を踏まえ、防災面に配慮した設計になっています。

1階は津波対策を考慮してピロティ駐車場、2階から5階に商業施設を設置。

3階より上は津波避難ビルとして施工されています。

地震などによる災害が発生した場合は、営業時間内だけでなく閉店後の夜間もペデストリアンデッキ(歩道橋)と接続した店内通路や屋上などを開放し、一時的に避難者を受け入れる機能があります。

イオンモールいわき小名浜2階の避難経路
出典:http://iwakionahama-aeonmall.com/files/pdf/3/pdf.pdf

このペデストリアンデッキは港の方向にも伸びているため、アクアマリンパーク(小名浜港1・2号埠頭地区)の観光客なども安全に避難することができます。

このほかにも非常用水として使用できる受水槽、非常用電源設備、耐震性の高い壁と天井。

イオンモールいわき小名浜は地域に雇用とにぎわいをもたらすだけでなく、防災拠点として安心を与えてくれるでしょう。


参考:イオンモールいわき小名浜公式ホームページ

 

最後に


東日本大震災後、私はいわき市で災害ボランティアに参加しました。

そこで目にしたのは、記憶の中のいわきとは異なる風景。

特に沿岸部を訪れたときは、あまりの変わり様に言葉を失いました。

「あの楽しいいわきは消えてしまったんだ……」

ボランティアの帰り道、強い喪失感に襲われました。

建設中のイオンモールいわき小名浜と小名浜さんかく倉庫(2017年4月撮影)
建設中のイオンモールいわき小名浜(奥)と小名浜さんかく倉庫(2017年4月撮影)

震災から7年、中間貯蔵施設の計画が進み、Jヴィレッジは再始動。

小名浜には新しくイオンモールがOPENします。

少しずつ変わっていく福島県浜通り、いわき市。

前を向いて一歩一歩進めば、明るい未来を作っていける。

いわき市の求人広告から、私はそんな事を感じました。