ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

【倉庫住まい】石膏ボードむきだしの壁

石膏ボードむきだしの壁

倉庫にある自宅の壁は、石膏ボードがむきだしのまま。

それでも楽しく暮らしています。


私たちは夫婦ふたり暮らし。

住まいは、空き地に囲まれたプレハブ倉庫の2階です。

1階は仕事場。

結婚をきっかけに、夫が住む倉庫の2階に引っ越してきました。

夫は私が暮らしやすいようにと 水回りなどを手作りしてくれましたが、壁はなぜか石膏ボードのままです。

今回は ちょっとおかしな自宅の壁について書いていきます。


スポンサーリンク

 

 

石膏ボードは悩みの壁

石膏ボードの壁が広がる倉庫の2階

石膏ボードの壁が広がる倉庫の2階。

初めてこの壁を見たときから、壁紙を貼るか塗装するか2年ほど悩みました。

インターネットで費用や手順を調べたり、ホームセンターで商品を見たり……

散々悩んだ末、手を加えないことにしました。
 

壁紙、塗装、どちらにしても手が掛かります。

家具の移動や床の養生、下地調整もしないといけない。

それに費用もかかります。

そこまで倉庫の自宅に費やす必要はないと判断しました。

壁を白くきれいにするのも良いけれど、お金をかけずに掃除をして清潔に保つ方が 倉庫の生活には合っているような気がします。

 

台所の壁への思い

倉庫の2階の間取り図

寝室と台所の間にある壁は、1枚だけ石膏ボードが裏返しになっています。

寝室から見た台所との間にある壁

寝室から見たところ。

石膏ボードの裏面

薄灰色の裏面に「燃えない建材 吉野石膏 準不燃タイガーボード」と書かれています。

これだけは塗るか貼るかして隠そうと考えたりもしましたが、『私たち以外だれも見ないし面倒だね』と、このままです。

そして、この1枚だけ裏返しになっている理由は、台所側へ行くとわかります。

台所の収納スペース

台所側はボードを張らず、壁の厚みを収納スペースに利用。

台所に立つと、この壁がよく目に入ります。

そのため、こちら側からの見た目を優先して石膏ボードを張りました。

また、壁が水や油で汚れても簡単に掃除ができるように、石膏ボードの上には透明な板を張っています。
 

たくさんのシミがある台所シンク近くの壁

残念ながら台所シンク近くの壁には、たくさんのシミができています。

水回りだけでもクロス貼りか塗装をすれば良かったかな、と考えたこともありました。

でも、2人で生活した時間がこのシミに表れているのだと思うと、少し愛おしく感じます。 
 

www.bu-kirin.com

www.bu-kirin.com

www.bu-kirin.com