ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

【倉庫住まい】新しいクッションフロアを敷いたのはいいけれど…

倉庫住まいのクッションフロア

夫は 倉庫のわが家に 新しいクッションフロアを敷いてくれました。

キレイでうれしい……ん?おかしいぞ。

 

私は結婚と同時に、夫が住むプレハブ倉庫の2階に引っ越してきました。

1階は仕事場です。

夫は私のためにDIYで倉庫の2階を住みやすくしてくれましたが、ちょっと面白い仕上がり具合。

今回は、倉庫住まいのクッションフロアについて書いていきます。


スポンサーリンク

 

寝室と居間に新しいクッションフロアを敷く

倉庫の2階にあるわが家の間取り図

夫のブーさんは、寝室と居間に新しいクッションフロアを敷いてくれました。 

私がここに住む前の寝室は、白と黒のチェッカー柄。

私が引っ越してくる前の寝室、白と黒のチェッカー柄のクッションフロア

チェッカー柄は、私も夫も好きではありません。

予算と手間を考えて、この上から新しいクッションフロアを敷くことに決めました。

2人で選んだのは 明るめの木目柄。

新しいクッションフロアを敷いているところ

薄暗い倉庫の2階が、ふんわり明るくなりました。

 

どうしてこうなった……

クッションフロアの継ぎ目

違和感を感じる床。

色だけでなく、木目の向きが90度違います。

奥に見える色が濃いクッションフロアは、玄関付近に以前から敷いてありました。

手前の明るいクッションフロアが、夫が敷いてくれたもの。


床に敷く作業は、私が引っ越してくる前に夫が1人でやってくれました。

1人で家具を移動させながら、少しずつロール状に巻かれたフロアクッションを敷いていったそうです。

『作業のしやすさだけを考えていたら、この向きになっちゃった。』
 

両面テープと木ネジで押さえたクッションフロアの継ぎ目

『大変だったね、ありがとう。明るくてとってもいい感じだよ。』

仕事後の疲れている中、私のために敷いてくれたのだから、これで十分。

お客さんは誰も来ないしね。

めくれ上がっていたクッションフロアの継ぎ目は、引越しが落ち着いてから両面テープと木ネジで押さえてもらいました。

ちょっとおかしいけれど、夫の愛情をたっぷり感じるわが家のクッションフロアです。

www.bu-kirin.com

www.bu-kirin.com

www.bu-kirin.com

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村