ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

絶景露天風呂との出会い。あの春の川で

桜

夫のブーさんと出会い、1つの言葉を知りました。

それは「絶景露天」

夫が大好きなものは絶景露天。

湯船の前に山や川、海などの絶景が広がり、自然と一体になれる露天風呂。

絶景露天に入ると悩み事から解放され、身も心もほんわかと温まります。

 

川のほとりにある露天風呂

初めて夫から「絶景露天」の言葉を教わったとき、私は病気療養中でした。

毎日7回薬を飲み、生きているだけで精一杯。

そんな時、当時お付き合いしていた夫に誘われて、きれいな川のほとりにある露天風呂に行きました。

  

春

木々の若葉が芽吹いた春のはじめ、露天風呂はもえぎ色に囲まれていました。

澄みわたる川の流れ、やさしく淡い春の緑、私を包んでくれるやわらかい温泉。

病気になって8年、初めて心の底から「生きててよかった」と思いました。


「オレはこういう絶景露天が好きなんだ」

帰り道、夫は教えてくれました。 

療養生活はそれから2年ほど続きました。

その間つらい事があっても「絶景露天」を思い出すことで、以前より楽に乗り越えられました。

あれから夫といくつかの露天風呂に入りました。

それでも「絶景露天」という言葉とともに思い出すのは、あの春に入った、川のほとりの露天風呂です。

関連記事

www.bu-kirin.com

www.bu-kirin.com

www.bu-kirin.com