ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

2000円の幸せなクリスマス

2人の幸せなクリスマス

ある年の12月下旬、夫のブーさんは突然「クリスマスをしよう!」と言いました。


私たちはクリスマスにあまり興味がありません。

夫は何でも美味しいものを食べることに結び付けたがるので、クリスマスシーズンはスーパーでソワソワしていますが、それくらい。

私は若いころの経験から「クリスマス=仕掛けるもの、お客様のもの」という感覚が抜けません。


自分が動かなくても、世間が賑やかになるクリスマス、お正月、ハロウィン。 

それよりは、自分が動かないと普通の日として流れてしまう誕生日や結婚記念日を大切にしています。

それなのに、夫は急に「クリスマスしよう」って何をするのでしょう?


スポンサーリンク

 

 

・普段行かないショッピングモールへ行く。

・別々に分かれて相手が喜ぶクリスマスプレゼントを買う。

・制限時間は1時間。

・予算はお互い1,000円ずつ。


宝探しみたいで面白そう!

ちょっとだけオシャレをしてショッピングモールに行きました。

ショッピングモール


集合場所と時間を決めて別行動。

夫の好きなものといえば、お菓子とコーラ。

あとは1,000円以内の組み合わせを考えるだけ。

スマホで計算しながらお菓子売り場をウロウロ、ウロウロ。

夫は何を買ってくれるのかな、と考えていたらメールがきました。


「15分延長して下さい」

「OK」


どうした?どうした?

まだいいのが見つからないのか?

私はたくさんのお菓子とコーラを買って持参したバッグに入れ、集合場所のソファでブーさんを待つことにしました。

 

 

「あー、ごめんごめん。ラッピングに時間が掛かっちゃって。」

夫のブーさんとクリスマスプレゼント




夫の手には2つのプレゼント。

???

「最初にこのあったかそうなフカフカのスリッパを買ったんだ。1,000円以内だしね」

「そしたら、このマッサージ器を見つけちゃってさー。1,000円以内じゃないけど買っちゃった。きりん最近肩こりひどいでしょ」

 

なんかズルイ。うれしいけどズルイ!

私は必死で計算して1,000円以内にしたのに、2つも買って1,000円を越してるなんてズルイよ。

私なんてお菓子とコーラだけなのに、そんなにいいものをプレゼントしてくれるなんて聞いてないよ……。

 

ポテトチップス


結局、お菓子とコーラ、マッサージ器を2人で楽しみ、フカフカのスリッパは私の物になりました。

もらった物もうれしかったのですが、お互いの喜ぶ顔だけを考えて過ごした1時間、それこそがクリスマスプレゼントだったのだと思います。

 

ブーさん、素敵なプレゼントをありがとう。