ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

温泉はやっぱりいいな 中三依温泉 男鹿の湯

栃木県にある中三依温泉 男鹿の湯の看板

私たちのお気に入り、栃木県にある中三依(なかみより)温泉「男鹿の湯」


12月1日から冬季休業に入り、次に行けるのは春だな……と残念に思っていました。

あきらめきれず公式サイトを見たら、スポット営業という素敵なお知らせが。

最近バタバタしていて温泉不足の私たち、強引に時間を作って楽しんできました。

今回は「男鹿の湯」のお風呂、ランチ、ライブラリなどと、男鹿川について書いていきます。


スポンサーリンク

 


目次

 

かわいらしい男鹿の湯 

男鹿の湯入り口
かわいい雪だるまが私たちを出迎えてくれました。

こげ茶地に白で書かれた手書きの看板は、経営者である水品さんの手作り。

ご本人と同じく可愛らしくて大好きです。

 

心のこもったお風呂


この日、女湯は貸切り状態でした。 

男鹿の湯脱衣場

脱衣所は清潔で使いやすく、温かい心遣いを感じます。

ベンチ・足ふきマット(流行りの珪藻土も)・柔らかいフロアマットなど、至れり尽くせり。

 

男鹿の湯コインロッカー
コインロッカーがあるのは、とてもうれしいです。(返金式ではありません)

脱衣所に置いた荷物を気にせずゆっくり温泉を堪能できます。

私が行った日はとても寒かったので、温風ヒーターで脱衣所が暖められていました。

男鹿の湯洗面台、ドライヤー
洗面台には大きな鏡が2つ、ドライヤーも2つ。

洗面台のお水は美味しく飲めます。

では、念願の温泉へ。

男鹿の湯 お風呂と景色


あぁ、やっぱり来て良かった。

頂に雪をのせた冬山を見ながら入る、トロンとしたやさしい温泉。

身も心もほぐれていきます。

湯温はぬるめ適温。

のんびりゆっくり温泉を堪能できます。

男鹿の湯 泉質

男鹿の湯の泉質、私は大好きです。

入っているとモチモチしっとり肌になれます。

肌がよみがえる……そんな感じです。

うれしくて何度も自分の肌を触って確かめてしまいます。

 

アメニティ

男鹿の湯 アメニティ

リンスインシャンプーとボディシャンプー。

手書きの札がわかりやすく、かわいいです。

さすがだな、と思ったのはお風呂の椅子。

男鹿の湯 洗面器・椅子・ベビーバス

この画像ではわかりにくいのですが、椅子が大小と2種類ありました。

私の年老いた両親は、お風呂の椅子が小さいと立ち上がるのが大変らしく、大きいものに買いかえました。

体格や年齢によって使いやすい大きさが違うので、これはうれしい心遣い。

ベビーバスも用意されています。

洗面器も清潔で使いやすかったです。

 

無料のマッサージチェア

男鹿の湯 マッサージチェア

お風呂あがりは無料のマッサージチェア(2台)でのんびり。

間接照明のある静かな空間でリラックス。

ひざ掛けが用意されていて、湯冷めを気にせずゆっくり体をほぐせました。

 

おじか食堂で美味しいランチ


男鹿の湯の中にある「おじか食堂」でお昼ごはんをいただきました。

男鹿の湯 生パスタ

生パスタ+スープ+つけもの+デザート 税込み1,000円

とってもおいしい!

夫は「モチモチ具合がちょうどいい!」とあっという間にぺロリ。

つけものが付いてくるとは思いませんでしたが、美味しくて心がホッコリ。

素朴さがここの魅力の1つです。

デザートのヨーグルトには、ゆずジャムが添えてありました。

ヨーグルトは毎日食べていますが、ゆずジャムと一緒に食べたのは初めて。

ゆずの爽やかな風味がヨーグルトにとても合っていて美味しかったです。

  

ライブラリ

男鹿の湯 ライブラリ

食堂のすぐ隣には「ライブラリ」があります。

本・ギター・マッサージ器など。

本は、絵本・漫画・専門書・ビジネス書などいろいろ揃えてあり、温泉ソムリエのテキストも置いてありました。

(上の画像以外にも本棚があります)

私は温泉宿で本を読むのが好きなのでとてもうれしいです。

静かな男鹿の湯は読書に最適。

マッサージ器は夫が大変気に入って「気持ち良くて白目むきそう……」と言っていました。
 

男鹿の湯 マッサージ器

どなたが描いたのか、山のスケッチが置いてありました。

「現代の湯治宿」という雰囲気。

友達の家に遊びに来た感覚にも似ています。

 

目の前にある男鹿川へ


お腹がいっぱいになったので、男鹿の湯のすぐ下を流れる「男鹿川」へ行きました。

男鹿川

建物のわきを下りて行くと、きれいな川が見えてきます。
 

男鹿川

男鹿川

澄みわたる川の流れと静かな空気。

私の画像では伝えきれません。

 

男鹿川

きれいな川の近くに移住したくなりました。 

夏は川遊びが楽しめますね。

 

宿泊棟ケビン


日帰りではなく宿泊して、男鹿の湯でのんびり過ごしたい。

男鹿の湯 宿泊棟ケビン

男鹿の湯の宿泊棟「ケビン」も気になっています。

2階建てのケビン1棟12,340円~

1週間ぐらい滞在して自然の中で温泉とともに過ごしたい……

楽器の練習を目的に宿泊された方もいるそうです。

ここならお子さんが大きな声を出しても大丈夫ですね。

 

自然の中で温泉を楽しめる男鹿の湯 

中三依温泉駅

自然豊かな環境でありながら駅が近く(徒歩4分)、旅行やデートにおすすめです。

美しい景色を温泉と一緒に楽しめますよ。

(ここに書かれている情報は2016年12月現在のものです。詳しくは公式サイトをご覧下さい)

www.nakamiyori.com