ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

私たちがプレハブ倉庫に住む理由

プレハブ倉庫の2階にある押入れ

プレハブ倉庫の2階に私たちは住んでいます。

どうしてこんなところに住んでいるのか、その理由を書いていきます。

 
空き地に囲まれた静かな倉庫。

1階は仕事場、2階は自宅です。

私は結婚をきっかけに、夫が住むプレハブ倉庫に引っ越してきました。


スポンサーリンク

 


目次

 

夫が倉庫に住み始めた理由

プレハブ倉庫の階段

夫は10年以上、家族が所有する倉庫に住んでいます。

きっかけは節約。

『アパートの家賃を払うよりもお金を貯めたい』

『30歳を過ぎた男が一人暮らしをするなら、どこに住んでも同じ』

そんなことを考えたそうです。


プレハブ倉庫は住居用の建物ではないため、お風呂は無し。

最初は湯沸かし器のお湯で体を洗っていたそうです。

少しでも楽しく暮らしたいと、夫は敷地の隅に露天風呂を自作しました。

夫が作った露天風呂

 

私が倉庫住まいを選んだ理由


結婚するとき、夫は一緒に住む住居を3つ考えてくれました。

  • 賃貸アパート
  • 中古戸建の購入
  • 倉庫の2階

私はコストとリスクを考えて、迷わず倉庫を選択しました。 

家賃がかからない上、面倒な近所付き合いもありません。

町内会、騒音とも無縁です。

『結婚早々住宅のために借金を背負うよりはずっといい』と、実家の両親も賛成してくれました。

 

私たちが大切にしていること

倉庫の2階にある自宅の天井

『新婚生活をこんなところで始めなくても……』と、言われたことがあります。

一般的にはそう思われるのでしょう。

私たちはまったく気にしません。


人付き合いが少し苦手な私たちは、親戚・友達付き合いが必要最小限。

「自宅でホームパーティー」という世界とは正反対の生活をしています。

私たちが一番大切にしているのは、ローコストで穏やかな生活。

他人に干渉されることなく静かに暮らせる倉庫は、私たちにぴったりです。

 

倉庫に住むチャンスがあるならば……


「倉庫暮らしの人」という検索ワードで、このブログに来て下さった方がいます。

気になって私も調べたところ、現在進行形で倉庫に住んでいる方のブログは、このブログ以外に1つしか見つけられませんでした。

住居として建てられていない倉庫に住むには、法律や保険など乗り越えないといけない問題があります。

そのため、倉庫住まいは快適ですが、簡単にはおすすめできません。

でも、住むチャンスがあれば試してみる価値はあると思います。

まわりに何もない倉庫で、私たちはのんびり暮らしています。

www.bu-kirin.com