ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

断熱カーテンライナーの効果は?気になるので試してみました

明和グラビアの断熱カーテンライナー

「断熱カーテンライナー」は予想以上の効果がありました。


私の実家は40年以上前に建てられたため、窓はペアガラスではない上にアルミサッシ。

冬は窓の近くがとても寒いです。

窓にエアキャップ(プチプチ)を貼りましたが、窓から感じる冷気はあいかわらず。

そこで「断熱カーテンライナー」を使ってみたら驚きの結果。

今回は、断熱カーテンライナーの種類と取り付け方、使った感想を書いていきます。


スポンサーリンク

 


目次

 

明和グラビアの断熱カーテンライナーの種類

明和グラビアの断熱カーテンライナーは3タイプ
出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/meiwa/

明和グラビアの断熱カーテンライナーは3タイプあります。

採光(クリア)採光(ホワイト)遮光(シルバー)


サイズも3種類あります。

  • 100cm×140cm
  • 100cm×225cm
  • 150cm×225cm

全種類2枚入りです。

使う部屋と窓の大きさに合わせて選びましょう。


私は居間と寝室の窓に使うため、採光(ホワイト)を買いました。

居間の掃き出し窓 ⇒150cm×225cm

寝室の窓 ⇒ 100cm×140cm

 

取り付け方

断熱カーテンライナーの取り付け方法

付属のSカンを使い、例2の方法でカーテンフックに取り付けました。

実家のカーテンフックに断熱カーテンライナーを取り付けたところ

実家のカーテンフックは図のような金属製ではなくプラスチック製のものなので、引っ掛ける場所が例2より上の方になりました。

 

採光タイプ(ホワイト)は部屋が明るくなる 


レースのカーテンを外してカーテンライナー(ホワイト)を掛けたところ、まぶしいと感じるほど明るい状態になりました。

ホワイトは光が拡散されるようです。

カーテンライナーの内側にレースのカーテンを掛けた様子

程よい明るさにするため、カーテンライナーの内側にレースのカーテンを掛けました。 

 

窓からの冷気を防ぐポイント 


窓で冷やされた空気は重く、カーテンと床のすき間から冷気が通り、床に広がります。

冬には天井付近と足元の温度差が5度以上になることもあるそうです。

カーテンライナーを床に15cmほど垂らして窓からの冷気を防ぐ

冷気の侵入を防ぐため、カーテンライナーを床に15cmほど垂らしました。

 

断熱カーテンライナーを使用した母の感想


窓から冷気を感じない。部屋の温度が均一な感じで暖かいよ!

母は予想以上の暖かさに驚いていました。 

確かに、窓の近くに居てもヒヤッとしません。

床に断熱材が入っていないので、夜になると少し足元は冷えました。

それでも窓から冷気が感じないため、部屋全体の温度が上がって過ごしやすかったです。

また、強風が吹いてもすき間風を感じなくなりました。

 

断熱カーテンライナーは夏も活躍! 


断熱カーテンライナーは冬だけでなく、夏の冷房効率UPにも役立つようです。

  • 採光(クリア・ホワイト):UVカット率90%、透過率90%
  • 遮光(シルバー):UVカット率95%、遮光率85%

窓からの冷気だけでなく、熱気と紫外線も防いでくれるとはうれしいですね。

自宅でも使いたいです。

▼窓の断熱にはこちらも効果があります。


▼階段などの間仕切り用断熱カーテンです。