ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

【100均】アルミシートを断熱カーテンライナーにする方法

ダイソーの保温アルミシート

使わないアルミシートを部屋の断熱に使ってみました。

 
年末、実家で「断熱カーテンライナー」を試してみたら、予想以上の効果!

www.bu-kirin.com

窓からの冷気だけでなく、すきま風も感じません。

本当にビックリ。

自宅でも、できるだけ安く 断熱カーテンライナーを導入したいと考えました。

そこで目を付けたのは「ダイソーの保温アルミシート」。

夫が袋から出して広げたものの、『やっぱり使わない』と放置していました。

今回は、保温アルミシートを断熱カーテンライナーにした方法を書いていきます。

 

 

使用するもの

f:id:bu_kirin:20170121145342j:plain

  • ダイソー「簡易保温アルミシート」約150cm×213cm
  • 画びょう
  • 養生テープ
  • マスキングテープ

養生テープは手で簡単に切れ、ガムテープより剥がしやすく、とても使いやすいです。

私は白がお気に入りです。

 

アルミシートを断熱カーテンライナーにする方法


アルミシートを使って、自宅の寝室と居間の間にある仕切りカーテンを断熱します。 

仕切りカーテンのビフォー

自宅はプレハブ倉庫の2階にあるため、壁が石膏ボードのままなど少し変なところがあります。ご了承ください。 

 

1、アルミシートの補強

アルミシートを養生テープで補強する

アルミシートの短い辺の1辺に養生テープを貼って補強しました。 

アルミシートは透けて向こう側が見えるくらい薄いので、養生テープをきれいに貼るのは結構大変。シワが寄ってしまいました。

 

2、アルミシートの上下を固定する

アルミシートを画びょうで壁に貼る

テープで補強した辺を上にして、カーテンを包むように画びょうで壁に貼ります。 

アルミシートをクリップで留める

下は、カーテンと居間のカーペット包み込むようにクリップで留めました。

 

3、左右を養生テープでカーテンに貼る

アルミシートを養生テープでカーテンに貼る

アルミシートの左右両端にマスキングテープを貼り、その上から養生テープでカーテンに貼ります。

マスキングテープを貼ったのは、あとで養生テープを剥がしやすくするためです。

 

4、レースのカーテンでアルミシートを隠す

レースのカーテンでアルミシートを隠す

ピカピカとまぶしいアルミシート。

これをレースのカーテンで隠します。

ちなみに青枠で囲った場所は出入り口のため、端から30cmはアルミシートで覆いませんでした。 

アルミシートの幅は150cm、必要な幅は125cmなので、両端を折り込んで幅を調節するとともに強度を高めています。 

完成

アルミシートの上から、レースのカーテンを画びょうで壁に貼りました。 

これで完成です。

レースのカーテンでアルミシートを隠す

レースのカーテンの使用目的は「アルミシートの目隠し」のみです。

そのため、床掃除がしやすいよう 床から少し浮く長さに手ぬいで調節しました。

 

アルミシートを断熱カーテンライナーにする方法まとめ


・普通のカーテン ⇒ アルミシート ⇒ レースのカーテン の順で掛けました。

・アルミシートでカーテンのすき間をふさぎ、気密性を高めています。

・アルミシートのほかに、画びょう・養生テープ・マスキングテープを使いました。


出入りする度にアルミシートがカサカサと音を立てるのが少し気になっています。

▼アルミシートを使った感想と改善方法をまとめました。